So-net無料ブログ作成

年長組サッカー大会 [年長児]

本日、年長組全員が頭から湯気が出るほど燃えに燃えているサッカー大会が行われました。先に行われた年中さんのサッカー大会同様多いに盛り上がりを見せた年長サッカー大会でありますが、ちょっと違うのが、やはり年長組ともなれば「順位」や「勝負」さらには「チームの仲間意識」というものが明確になってきて、ほんと「力を合わせて共に喜び悲しみ合う姿」が見られるのであります。

さて、今年の年長サッカー大会も、年中同様タカシ先生はクラスの状況やチーム構成、さらに付け加えなければならないのが「個の力」等を総合的に勘案し下馬評を作成しスポーツ新聞に赤ペンチェックしているのであります。男女ともに、倍率ドンで大方タカシ先生の予想通りの展開になる事必須なのであります。

そんな年長さんカー大会、女児については決勝進出および、優勝は「まぁ、予想通り、かな?」的だったのでありますが、特筆すべきはそれではありません。上位進出チームよりもそれ以外のチームの実力及び気持ちが実力伯仲だった事です。今年の対戦の中で、制限時間を過ぎても同点、延長戦でも勝負がつかず、PKにもつれ込みました。まぁ、全員のPKをやれば大方勝負がつきみんな納得するのですが、これも2対2の同点!時間も押しているし、サッカー大会始まって以来のVゴール方式で勝負を着けたのであります。ご存知の通り1人1人の戦い。一方が入って一方が外せば負けという過酷なルールのなか、これまた同点のまま最終まで勝負が持ち越される展開。そりゃぁ、最後のお友達は緊張しますよ。応援も盛り上がっているし。かくして最後のお友達で勝負がついたのですが、外したお友達の涙は、アジアカップで6人目のPKを外した香川及びサポーター以上なのでありました。

一方年長児は、大方の予想を外してばら組同士が決勝へ進出。ばら組男児2チームは、正直タカシ先生比較的「おとなしい」という印象で決勝へ進出するとは予想だしておらず、会えなく下馬評は初戦で覆されたのであります。しかし、その試合っぷりは見事なもので、なんというか体幹育っている上に絶妙なチームワークなのであります。しかも、圧勝!というよりは、チャンスは逃さないという最小点数差で勝負を決めた巧みさを持っているのでありました。

いやぁ、今年の年長サッカー大会も大盛り上がりでした。最後に、卒園アルバムの写真を撮影されてた初めて中村幼稚園のサッカーを見たカメラマンの言葉。
カメラマン:「このサッカーの試合すごいですねぇ。面白い!!あれですか?ポジションとかも決めてるんでしょ?」
タカシ先生:「何言ってるんですか、全部子ども達任せですよ。ポジションなんて決めてませんよ。だから面白いんです」
カメラマン:「えぇ!だって、DFらしき人、FWらしき人ってなんとなく立ち位置決まってましたよね!」
タカシ先生:「そうそう、子どもの性格ってこういうところに出るでしょう?要領のいい子なんか、こぼれてきたボールをシュートして決まっちゃったりする姿をみれるんですから、事務所になんていられませんよ。(^^)」
カメラマン:「いやぁ、これには参りました。」

1502191.jpg
タカシ先生の予想を覆した、ばら組男児。優勝おめでとう!

1502192.jpg
大方の予想を裏切らなかった、ばら組女児。おめでとう!!

1502193.jpg
表彰式で見られる、女児の悔し泣き(^_^;)

1502194.jpg
そして、こちらは男泣き!!(*^_^*)


水やり [年長児]

この時期に書かれるHPの日記や、掲載される写真のほとんどは新入園児の年少さんになることが大半です。先生方の視線が新入児に注がれる訳は、ちっこいながらも1人1人の存在感が抜群にあり、なおかつ未だ遊び慣れていないために手取り足取り遊び方や、気の合いそうなお友だちを見つけてあげているからでしょう。

というと、やきもちを妬くのは進級児の保護者の皆様かしら?(・∀・)特に自慢の年長児は、先生がいなくったってぜーんぜん平気に遊んじゃうし、さらに先生方の目も新入児にいきやすいもんだから、今日の年長児は一体お庭で何をしていたのだ?という事になっちゃうのですよ。今日は、それにタカシ先生がお答えしましょう。

桜が散り始め、お庭は次第に桜色に染まっていきます。そんな中でお庭遊びをしているお友だちを包むのは、桜だけじゃなく「乾燥した空気」も、です。幼稚園の庭には、3月に今の年中さんの保護者の皆様が植えて下さった、ビオラや今年の年長さんが去年植えたチューリップが綺麗に花を咲かせています。タカシ先生は「この乾燥じゃ、あっという間に枯れちゃうなぁ」って、先週はじょうろで水をあげていたのですが、1人では午前中があっという間に終わっちゃいます。そこで・・・ペットボトルじょうろを買ってきました。500mlのペットボトルにこのじょうろの口をはめればあっという間に、エコじょうろのできあがり。そしてそれを年長さんに貸し出し、水やりのお手伝いをしてもらっています。

年長さんは、我先にとペットボトルじょうろをもって水道へ行き、お水をたっぷり入れて蓋をし園庭に散らばって水やりをしてくれていますよ。乾燥したプランターの土も良い具合に湿り、花々も心なしか元気になっているようです。そしてなにより年長さんがとっても嬉しそう。「お水を一杯のんでねー」なんて言ったり、「そっちはやったからこっちこっち!!」なんてお友だちを呼んだり。1人1回には留まらず、2回も3回も4回も、水道とお花の間を行き来しています。

この水やり、もちろんお花も春の太陽と年長さんにもらった水でキラキラしているのですが、それ以上に水をあげているお友だちの表情もキラキラしているのには、タカシ先生もビックリさせられるのでした。

140416.jpg
年長さんにお水をたっぷりもらって気持ちよさそう!

日本一の卒園式 [年長児]

今日は、平成25年度の卒園式です。年長さんの幼稚園生活も今日でお終い。次ぎに幼稚園に来る頃は、大きなランドセルを背負って立派な小学生になっていることでしょう。

さて、タカシ先生も今日ばかりは一張羅を着ての登園です。卒園児のお父様方も「タカシ先生には」見慣れないスーツ姿でなんだか「働くパパ的」ないでたちだったので、印象がいつものパパと違っていました。中村幼稚園の卒園式は、土曜か日曜に行っているので、お仕事も休みをとりやすいようです。沢山のご両親に見送られての卒園式で、それこそ題名のように日本一暖かな卒園式になりました。

もう一つの日本一は、やはり成長した「自慢の年長組さん」の卒園式に挑む立派な姿ですね。年長さんとしての自信と小学生になる自覚が芽生え、修了証書を園長先生から受け取る姿は本当に立派でした。そして卒園式で歌う歌声は透き通り保護者の皆様の心を打った事と思います。

そんな日本一の卒園式に水を差すのはやはり、タカシ先生なのであります。いつも式終了後に卒園児の保護者の皆様の前で行うマイクパフォーマンス。ま、それは良いとして、DVD上映会ですよ!大失敗は・・・。前の晩に、密かに練習し、真っ暗なホールで独り卒園DVDを上映する練習を済ませ涙しておったのですが、やはり何かしら失敗するというのがタカシ先生であります。当日のそれはスクリーンに「もやもやぁ〜」っとしか映されず、タカシ先生の広い額からは大量の汗が・・・。3,4分してやっとみれる迄になったのですがやっぱしどこか失敗をしでかすタカシ先生なのでした。

ま、それを含め、中村幼稚園らしい日本一の卒園式を終え、年長さんが巣立っていくのでありました。

卒園おめでとう!!

サッカー大会 [年長児]

取り急ぎ、サッカー大会(年長)による

負けて、悔し泣き!!(・∀・)
1402202.jpg

負けて、男泣き!!(・∀・)
1402201.jpg

いやぁ、美しい!オリンピックの涙も美しいけど、負けず劣らず美しい!!!

ランチ [年長児]

2月に入ってからお昼時になると事務所は、いつになく大にぎわいになりました。毎年恒例の「園長先生&タカシ先生とのお別れランチ」が事務所で行われているのです。それは先週から始まり今日で終了したのですが、何故今日まで黙っていたのかと言えばその理由は簡単です。年長組のお母様方が、「んまー、タカシ先生とお弁当食べるなんて!と言うことは、私の作ったお弁当を見られてしまうのねのね?!それじゃぁ張り切って、『デコレーションお弁当、略してデコ弁』を作りましょう。そうしましょうそうしましょう」とならない様になのであります。

でも、K子先生がお友だちに招待状を持たせてくれているので、いつ事務所でお別れランチをするのか、保護者の皆様は解っているみたいですけどね(・∀・)

さて、事務所でお友だちと食べるお弁当では、お友だちのいろいろな話しが聞かれてとても楽しいのであります。「○○君は面白い」だの「△さんは可愛い」だの。中には「□君と◇君は、よく喧嘩をしている」とか「今日は、●君が先生に叱られた」とか、んもぅ〜聞いてもいないことを次から次へと話してくれるので、普段教室にいないタカシ先生でも、教室の中が目に浮かぶのであります。

まぁ、お弁当を食べるのも滞りなく進み、タカシ先生からお友だちへ質問タイム。あとは、お友だちから、園長先生&タカシ先生への質問タイムです。またこれが盛り上がるのであります。お友だちへの質問は、年長さんに聞いてみて下さいね「タカシ先生に何を聞かれたの?」って(^_^)

そして、お友だちからの質問タイムでは、園長先生&タカシ先生も結構身構えています。なにせ、どんな質問が飛んでくるのか解りませんし、なおかつそれについては「的確に」回答しなければならないからであります。とはいうものの、そこはまだまだ幼児の質問。「先生は何色が好きですか?」とか「好きな動物は何?」とか。中には「タカシ先生はお酒飲みますか?」や「園長先生はどうしてマジックが得意なの?」なんて言うのもあります。

そして、今年の質問ベスト3は・・・!(ダラララララララ・・・・♪)
第3位!「亀の甲羅は何故固いのか。」

第2位!「トマトは何故赤いのか。」

そして
第1位!「タカシ先生は幼稚園でいつも何をしているの?」

皆さん、これらの質問に的確に答えられますか?タカシ先生は、的確にそして年長さんが全員納得するように答えましたよ!ちなみに1位の「タカシ先生は幼稚園で何をしているの?」と言う問いの答えは「みんなのお父さんのお仕事と違って、タカシ先生は幼稚園で毎日遊んでいます!」って答えに年長さんは「えぇ!!!」って驚いていましたが、「だってタカシ先生はいつもお庭にいるでしょう。最近なんか、年長さんとサッカーしてるでしょう?」って言うと、全員が「あぁ〜〜〜・・・。」って満場一致で納得するのでした。

皆さん、子どもから突然3位と2位の様な質問がきたら、なんて答えますか?インターネットで調べてからでは、説得力がありませんよ!(^_^)

防火パレード [年長児]

年長組さん最後の鼓笛パレード、相馬市秋季火災予防運動防火パレードが開催されました。先の日記で、見事な練習ぶりを書きましたが、今日がその最終披露と言うわけです。そして今日は体育フェスティバル、前回の交通安全鼓笛パレードとは衣裳が違うのです。幼稚園の制服に先生方がキラキラの飾り付けを施してくれて、ホントの消防隊の制服みたいな衣裳なのです。

さて沿道にも沢山の保護者の皆様が見えられ、年長さんの最後の有志をしっかりビデオカメラに収めておりました。なんちゅうか、鼓笛隊の鼓笛の音が、迫力ありすぎて家で再生したときにTVのスピーカーからとんでもない大音量がでちゃってビックリするんじゃないかと思うほどの力強い演奏だったでしょう?タカシ先生も鼓笛パレードに一緒に付いて歩いていましたが、鼻高々の自慢の年長さんの鼓笛隊でした。

秋季防火鼓笛パレードが終わり幼稚園に帰ってくると、降り出した雨。間一髪でありましたが、その雨が「お疲れ様」とでも言っているように、幼稚園園舎に大きな虹をかけてくれました。そしてお迎えに来られた年長さん保護者の皆様の表情。雨だというのに、なんというか晴れやかな表情で年長さん以上に「やりきった!満足満足」って感じに見受けられましたよ。

保護者の皆様も、年長さんもお疲れ様でした。

131110.jpg
鼓笛隊が出発しますよ!

1311111.jpg
帰りの時間、幼稚園を包むようにかかった虹

練習 [年長児]

今日が鼓笛隊最後の練習です。日に日に力強く、そして上手になってきた鼓笛隊。今では先生がいなくても完璧にこなしちゃうんじゃないかと言うほどの出来映えです。毎日毎日毎日毎日、短い時間だけど集中して取り組んだ鼓笛隊の練習。その意欲が、練習最終日まで持続しているなんて、本当に中村幼稚園の年長さんは「自慢の」年長さんです。

そして、最後の鼓笛隊の練習は、少し涼しくなった秋晴れの園庭で行われました。心地よい日差しにキラキラと輝くポンポンがとても綺麗でしたよ。同じく、お友だちの瞳もキラキラと輝いていてその表情は自信に満ちあふれていました。

毎日事務所に聞こえてきた鼓笛のリズムが、今日で聴けなくなると思うと少し残念な気もするのですが、来週からは、お遊戯会のBGMが事務所に聞こえてくるようになるでしょう。それに併せて担任の「イチ、ニッ、ッサン、ッシ!!」なんていう声も聞こえてくるでしょう。そうするともう12月は直ぐそこですよ。

短い秋だけれど、盛りだくさんの幼稚園。お友だちは行事を1つずつ経験していくことで、また1つ成長していきます。

131108.jpg
秋晴れ鼓笛隊

交通安全鼓笛パレード [年長児]

秋晴れの下、交通安全鼓笛パレードが開催されました。中村幼稚園の年長さんも、鼓笛隊の衣裳を着て参加しましたよ!昨晩の大雨でタカシ先生は半ば「だみだこりゃ」と諦めておったのですが、それが嘘のように晴れて、鼓笛隊日和。暑いくらいの陽気の中で行われたのであります。

さて、中村幼稚園自慢の鼓笛隊。皆さんご覧になりましたか?今日は相馬市一円の小学校が「代休」だったということもあり、沿道には卒園生のお友だちも沢山駆けつけて下さいました。もちろん、保護者OBの皆様も。鼓笛隊じゃなくて、タカシ先生に手を振ってくれる方もいて、タカシ感激雨あられでございます。

どっちが主役だかわからなくなっちゃいましたが、サスガですね〜。うちの子らの鼓笛隊のそれはそれは見事なこと。練習でもあんなに上手には出来ないんじゃないかなぁ。凛とした表情と真剣に鼓笛隊に取り組むその姿に、キット保護者の皆様も感動したんじゃないでしょうか?そして、タカシ先生が最も感動したのが、「隊列が乱れない」っつうことですよ。保護者の皆様は、お子さんの写真やビデオを撮影するので手一杯だったと思いますが、タカシ先生はこんな写真を撮影しましたよ。

131021.jpg

いかがですか?この真っ直ぐに列ばれた鼓笛隊。これはなかなか出来ないでしょう?これに付け加えて、鼓笛の演奏が素晴らしいのです。ほんと、うちの子ども建ちの「やる気」は計りしれません。付け加えて言えば、先日行われた体育フェスティバルとは、「パート」が違っているんですよ!全く、あんなに完璧にこなしちゃってまいっちゃうよなぁ。

ということで、保護者の皆様。今年から現地集合等、いろいろとお手数をおかけ致しましたが、本当にありがとうございました。また次回の防火パレードも楽しみにしていてくださいね!


7段 [年長児]

年長男児の跳び箱。その練習に熱が入ってきました。それもそのはずですよね。体育フェスティバルが迫ってきたのですから。

体育フェスティバルでは、年長男児が跳び箱に挑戦します。4段から始まって6段まで。一応6段で終了なのですが、冒頭に書いたように、跳び箱をやりたい!という意欲が満々で、6段もクリアーしちゃうお友達が続出なのであります。もちろん、まだクリアー出来ないお友だちもおりますが、4段は全員跳べますし、日々練習すれば6段には達するであろう実力です。

そんな中、今日の練習では6段をクリアーするお友だちが多かったので、タカシ先生はちょっとおふざけで、7段を用意してあげました。お友だちにとっては未知の世界です。7段と簡単にはいいますが、大抵のお友だちの身長よりも高いですよ。走って踏切板で踏み切るのですが、そこには7段という壁が・・・。考えてもご覧なさい。170CMの大人が、170CMの壁に全速力で走っていけますか?その結末ま漫画のように壁に激突し、紙のようにぺらぺらになっちゃうこと間違いなしでしょう?そんなイメージだと、この7段がどれだけ凄いことか解ると思います。

まぁ、これはおふざけなので、タカシ先生も本気でとばせようとは思っておりませんが・・・年長男児はやる気満々。ホールから7段を持ってくるタカシ先生を見るなり目の色を変え指をさして「ぬおおおお!!ななななな7段だぜーーー!!」って跳ぶ気満々なのであります。

かくして、7段に挑戦した6段クリアーのメンバー。その4/5は先に書いたとおり、7段の威圧感に圧倒されクリアーならずだったのですが、残りの1/5は見事に7段を跳びきるのであります。その跳びきったお友だちの共通点は「フォームがいい」正しく体操選手のようなフォームで見事でありました。

正直タカシ先生は、1人か2人だなと高をくくっていたのですが、それ以上のクリアー者に、もっともっと跳び箱をさせたいなぁと心底思うのでありました。体育フェスティバルではいつもの雰囲気と違うので、空気に飲まれちゃって実力を発揮出来なかったり、逆に本番に強いお友だちもいると思います。でも、全員が練習を一生懸命にやっていました。保護者の皆様は、結果だけを見るのではなく、そこまでに至った過程があった事を是非褒めて上げて下さいね!

1309192.jpg
7段クリアー!

1309191.jpg
まだまだいけそう!!

090916.jpg
ちなみに、タカシ先生の小学生時代。しかも6段・・・m(_ _)mガク
昔は体育フェスティバルの種目に、小学生で体育教室をやっていたお友だちの出番もあったのです。
無ければよかったのに・・・(・ε・;)チェッ

鼓笛隊 [年長児]

暑さも和らぎ少しずつ秋に向かってはいますが、もう少しの間プールに入れそうですね。今日は、プールに入りませんでしたが、一応用意だけは持たせて下さいね。

さて、今日の園庭はとても賑やかでした。まぁ、いつも元気いっぱい遊ぶお友達で賑やかなのではありますが、今年度初めて年長さんの鼓笛隊の練習が園庭で行われたのです。夏休みの期間があって、タカシ先生だったら全て忘れて「なんだっけ?」ってちんぷんかんぷんな鼓笛隊になること必至なのですが、やっぱり中村幼稚園自慢の年長児はそんな失態を犯すことはないのであります。

先にも書いたように、初めての外練習。それなのに、鼓笛のリズムはバッチリ!それに付け加え、マーチングしながらの演奏に、マスゲームが組み合わさって、それはそれは見応えのある年長鼓笛隊です。初めてでこの出来なんだから、本番がきたらどんな演奏を見せてくれるのか、いまからとても楽しみです。年長保護者の皆様、ハンカチ、必要かもしれませんね(・∀・)

130829.jpg
鼓笛隊に釘付けの年少さん