So-net無料ブログ作成

自由遊び

皆さんご存じの通り、相双地区は世界にも稀にみる「原発事故」による様々な影響が出ている地区になってしまいました。相馬市はさほど大きな被害はありませんが、相馬以南は学校の運営が出来ない状態になっています。そんな状況下、中村幼稚園に中途入園して下さるお友達が増えています。出来るだけ皆さんの力になればと思って出来る限り避難されてきた方の受け入れをしているところです。

さて、話しを保育に戻すと、中村幼稚園の保育で大活躍するのは、広いお庭。このお庭で身体いっぱい元気に駆け回ることが中村幼稚園の「うり」でもあります。でも、先の書いたように原発事故の影響で例年通りの保育が出来ません。そんなもんで、相馬市のHPに掲載される放射線量を毎日チェックして時間を決めてのお庭遊びになってしまっています。

その遊んでいる姿を見ていると、お友達の欲求が大分溜まっていることが伺えます。なんというか、突発的というか衝動的に遊んでいるような感じとでもいいましょうか。やっぱり、子どもは子どもなりにストレスを感じているのでしょう。でも、それらお友達の表現を抑えることなく、自由にお庭を駆けたり、大声を出したり、大好きな滑り台に夢中になったり、ちょっと淋しくて涙がこぼれたり、1人1人が自分に合った方法で身体を十分に動かすことで心も安定し、バランスがとれるようです。

その証拠に、短い時間ではあるものの外での自由遊びが終わり「お集まりしますよー!お庭はおしまーい!!」って先生が声をかけると、今まで快活に遊んでいたお友達が、みんな一斉にお部屋へ戻っていきます。まぁ〜この「ききわけ」の良さったら、保護者の皆様に見せて上げたい位です。

そんなもんで、出来る範囲でお友達が自由にのびのびと活動できる時間を少しでも多くとってあげたいなぁ・・・としみじみと思う、自由遊びの時間でした。