So-net無料ブログ作成

おゆうぎかい

今朝は厳しい冷え込みになりましたね。朝からキーボードを叩く手がかじかんでなかなか思うようにキーを叩けないタカシ先生です、おはようございます。

先週日曜日は、中村幼稚園の3大行事、お遊戯会が行われました。会場に来て頂いた保護者の皆様はもとより、おじいさんおばあさんや親類兄弟も来て頂き、中には遠くからお越し頂いたご家族もあったようで嬉しく思いました。

さて、各ご家庭のお遊戯会はいかがでしたか?楽しくお遊戯会に参加できたでしょうか?子どもたちは、毎日お遊戯会の練習をして本番をそれはそれは楽しみにしていたのですが、本番のあの独特な雰囲気に飲まれちゃって、いつも通りのお遊戯が出来なかったお友達もいたかもしれませんね。タカシ先生も音響をしながら、「あ!あの子!前と後ろ間違えてるかも!?」というお友達を見かけましたが、そんなことは小さな事です。何が大切かといえば、あの大きな舞台でお遊戯に参加出来たこと。そして何よりも、毎日のお遊戯の練習を意欲的にやってきたことなのです。

園長挨拶の閉会の言葉でも言いましたが、何よりも素晴らしいのはやはり中村幼稚園の保護者の皆様の理解と協力です。毎朝遅刻することなく登園し、クラス毎にお遊戯の練習を行い、12時には全クラスがお弁当を食べられる。本番でも12時には全演目が終了し、13時にはお手伝いの保護者の皆様の片づけも終わる事が出来ました。

これは本番のタイムスケジュールが子どもたちが毎日幼稚園で過ごしている生活リズムと全く同じということ。子どもたちの身体は、この1ヶ月身体でそのようなリズムになっていますので本番だって、場所がかわるだけでやることは一緒なのです。これは、担任の力では出来ない事。やはり、幼稚園行事成功の如何は保護者の皆様にかかっているのです。

さてさて、堅い話はこれくらいにして、子どもたちがどんな視線でお遊戯をしているのか、たかし's eyeで見てみましょう。

1812091.jpg
ひだりーーー!!♪ライトがキラキラでまぶしーー!!

1812092.jpg
みぎーーー!!♪ライトがまぶしくて、ぼけてるー!!

1812093.jpg
アリーナーーー!!!♪

1812094.jpg
開会の言葉の前。うわっ!満席。

いつもポッケに忍ばせているコンパクトカメラを忘れて、スマホで撮影しましたが、スマホの方が奇麗に撮れますね。

皆さん、こんなに沢山のお客さんの前でお遊戯できます?
そういう事です、子ども達はこんな視線でお遊戯をしているので、緊張したり、頭の中が真っ白になったり、多少の失敗があるのが当たり前でしょ?とかいいつつ、観客席の保護者へ手を振る余裕のある子もいたりするんですよね・・・。