So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

全園児

ども、久しぶりです。タカシ先生です。今週は残すところあと1日。23日は勤労感謝の日でお休みですからね。って、こんなのんきなことを言っているのは幼稚園ではタカシ先生だけであります。担任一同は「この時期のこの1日の休みは大きいっ!しかも3連休?!!出来れば通常保育にしてもらいたい!!」と鼻息を荒くして言うことでしょう。なぜって?それは来月行われるお遊戯会の練習が順調にいっているのにもかかわらず、3日も休んでしまったらせっかく覚えたお遊戯や隊列移動を忘れてしまわないか?!と不安になってしまうからであります。

しかし、23日は、天下の国民の休日であります。担任には申し訳ないが、幼稚園も堂々とお休みにするのであります。

さて、こんなのんきなタカシ先生がいる中村幼稚園ですが、今週はお遊戯の合間を縫って、お友達が次から次へと園庭に出て遊んでおりました。今週前半は、気持ちの良い小春日和で園庭遊びにはもってこい。更に言えば、お遊戯の練習で心身共に疲れ気味のお友達をリフレッシュさせるのが、まさしくこの「園庭遊び」なのであります。

大人ならば、「ふぃ〜疲れたぞい。もう限界・・・」なんつって大人しく外廊下にでも座って、ミカンとお茶を出してきて日向ぼっこしているところですが、子どものそれは全く違います。逆に、快活に身体を動かせることによって疲労回復なのです。そして、そんな子ども達につきあって園庭遊びをしている担任達。クラスの子を追いかけたり追いかけられたり。縄跳びをしたり、数えたり。砂場にしゃがみ込んで砂遊びをしたり。幼稚園の先生というものは、無限大に体力を使っており、タカシ先生はそんな担任の姿をみて感服するのでありました。

そんな園庭なこの頃、お昼ご飯を食べ終え、午後の自由時間にふらりと園庭に出てみると、各クラスの下駄箱から出てくるは出てくるは・・・。次から次へと子ども達が園庭に飛び出してきます。「お遊戯会の練習はこれまで!!いっぱいお庭で遊んでおいで!!」と担任が言わんばかりに、全クラスの子ども達が「わーーーー!!」っと園庭に出てくるのです。その景色と言ったら圧巻。タカシ先生はすかさず滑り台に登り、上から園庭の様子を撮影したのでありますが、この迫力がなかなか写真には収まりません。あっちでキャーキャー♪こっちでわーわー♪それはもぅ、中村幼稚園の園庭から湯気が立っているんじゃないかという風な熱気なのです。

お遊戯は、決められた動きを決まられたようにやるもの。対して自由遊びは、自分の心身を思い通りに動かして遊ぶもの。お遊戯の練習をしている分、担任は思いきりお庭で遊ばせてくれリフレッシュさせてくれているのです。担任にとっては、少しでも身体を休ませたいところですが、子ども達と一緒に遊んでいる辺り、そこはやはり教員の質の高さが見て取れる中村幼稚園なのです。

お遊戯の出来はともかく、3連休はゆっくり身体をやすませなさい。

181115.jpg
さくら組の前からわき出る年長児。見えるかな?