So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

連休明け

GWは皆さんいかがお過ごしでしたか?連休が明けて幼稚園に登園した来た子ども達は「BBQしたー!」だの「お出かけしたー!」だの「東京いったー!」だの「遊んだー!」だの、それぞれに良い思い出が出来たようです。かくいうタカシ先生も、GW後半は恒例になっているおじおばの家を訪ね、タカシ先生のルーツを探り、自身の息子と娘をタカシ先生の祖父母の仏壇の前に座らせ「チーン、南無ぅ〜」と手を合わせてきたのであります。

さて、GW明けというものは毎年4月当初の幼稚園に戻ってしまったかのように新入園児が「んぎゃー!いぎだくなーい〜」と泣き泣き登園するものなのですが、今年は真ん中がどかんと2日間も空いており、GWが全然ゴールデンではなかったため子ども達も「ちょっと休んじゃったの」みたいな感覚ですんなり登園してきたのであります。しかもGW前とは違い1時間保育時間が延びている事もつゆ知らず、帰りの時間まですんなりと幼稚園で過ごしておりました。

しかし、すんなりと過ごしていたのには訳があります。園庭では先生方が学年毎に園庭に出、子ども達をグループに分けて並ばせ「よーーーーい、ピッ!!」なんてやっておるのです。そうそう、春の親子運動会のかけっこの練習です。年少さんは、まっすぐに園庭を駆け抜け、年中と年長は園庭に円を書いて円周を駆けていきます。年少さんは初めて競争かもしれませんね。初めての駆けっこの練習は見ものでして、「よーい、ピッ!」の「よーい」の意味がよくわからん。目の前で担任が「よーいは、こぅ!」なんつって右手右足を前に出し、左手左足を引いて、用意の格好のお手本を一生懸命見せているのだけれど、当の年少さんは「なんだほれ?」みたいな表情で鼻をほじほじしていたりして、担任ガックシの図だったりして・・・。

無事かどうかわわからないけど、とりあえず全員が走った後は、もちろん広い園庭でお庭遊び。沢山走って、沢山遊んだかと思えば「はーい、お弁当の時間ですよぅ〜」なんつってお部屋に戻りお弁当なのです。そりゃぁ、1日があっという間に過ぎていってしまいます。

そんな風にしてクラスに戻ってきた年少さんから聞こえてきた担任とのやりとり。
担 任:「はーいお着替します。みんなでお着替えねー!!お着替え終わったら手を洗ってお弁当ね!」
年少A:「おきがぅえぇ〜〜?!!!どうやってーーー!!!」
担 任:「(・。・)ダヨネー」

かくして年少さん担任は駆けっこの「よーい」の仕方から、「お着替え」の仕方まで手取り足取り教えてあげておるのです。年少さんも担任も、おつかれさん。