So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雪遊び

昨日は、大雪による自由欠席日にご協力頂きましてありがとうございました。幼稚園は、真っ白に染まり今日登園してきたお友達は「こ、ココは幼稚園なのか?」と不思議な面持ちで白い雪の園庭を歩いて行きました。

滅多に積雪のない相馬市ですが、昨日は約30cmの積雪がありました。タカシ先生とタカシ先生の親父の理事長は、朝から幼稚園前の駐車場の除雪をしておりましたが、あの広さの除雪にはかなりの労力が必要で・・・。さらに、市道の除雪もまだだったもので、「前日のウチにバス運休のお手紙を出しておいてよかったなぁ」と、心から思っておりました。

さて、本日は年に数回レベルの雪遊びです。まったくこの寒いのに、雪が降って喜んでいるのは犬と子どもですよ。まさしく「庭を駆け回って」おるのであります。雪だるまを作ってみたり、雪合戦をしてみたりと、白銀の世界の園庭で遊ぶ姿は本当に楽しそうです。「ぅう〜さみーなー」なんて背中を丸めているタカシ先生にも「なんでそんなに縮こまっているの?」とでも言いたそうに「くらえ!」と雪玉を投げてくる年長女児。(最近なぜか年長女児がタカシ先生の周りにまとわりつくのであります。)そんな雪玉がタカシ先生に当るでもなくタカシ先生の足下に「ぼて」っと落ちるのを見つめて「あーさみー」ってポッケに手を突っ込んでいると、今度は「相手をしなさいよ!!」と言わんばかりに、タカシ先生に接近して「どか!」と雪玉を当てるのです。

年長女児は雪玉がタカシ先生に当たったもので喜び勇んで再び雪玉を投げるのです。それでもタカシ先生は寒くて動きたくないもんですから「雪が当ると、寒いよー痛いよー凍っちゃうよー」と、遠くを見つめてつぶやくのであります。またそれが面白く映ったのでしょう。「んぎゃー!」なんつって、雪玉をタカシ先生にぶつけ放題。「んも〜タカシ先生が雪だるまになったらどうするのさ!!」なんて言おうにも、お構いなしな年長女児。

まったく、こんな冴えないおっさんをからかってないで、イケメンな年長男児に「私をスキーに連れてって!」とお誘いしてきなさいよ。

180124.jpg
雪遊び

追伸
今日の暖かさで雪が大分溶けています。溶けた雪のおかげで、再び道路が凍り始めています。明日も、バス運行に遅延が出ることが予想されますので、寒さ対策。安全対策の上バスをお待ちください。