So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ヨーイって何よ・・・。その後

皆さんこんにちは、タカシ先生です。週末に行われた親子運動会の熱もそろそろ冷めてきた頃かと思います。皆さん、親子運動会いかがでしたか?今日は、職員会議で親子運動会の反省会を行ったのですが、教員皆が口々に「幼稚園の『親子』運動会っていいよねー」ってほのぼのとした反省会になったのです。

かけっこしかり、親子競技しかり、保護者競技しかり、祖父母競技しかり。幼児期のこの時期にしかできない競技や、子どもの表情が見える距離感。ハグしたり、おんぶしたり、手をつないだり。こんな事をしてくれるのは幼児期特有、この時期にしかできない事かもしれませんね。幼児期のこの時期をもっともっと大切にした方が良いですよ。と、小学2年になった息子を持つタカシ先生の感想でもあります。

さて、親子運動会は「中村幼稚園日和」の快晴の下で行われました。と活字にすると、青い空が広がり、新緑が燃え、その下で紅白帽も子ども達が・・・という風な清々しい風景を思い浮かべますが、今年はその青空の下は30℃を越していると思われる暑さ。時折「水分補給してくださーい!」なんて放送をしなければならないほどの陽気で、タカシ先生を始め教員も熱中症に気を配らなければならないほどの暑さだったのです。全く5月だというのに・・・。

そんな中でも子ども達は元気いっぱいに親子運動会を楽しんだようですね!それは、子どもの姿を目の当たりにした保護者の皆様が一番感じたことではないでしょうか。そこで特筆すべきは、前のブログに書いた「ヨーイ」って何よ・・・な年少さんの姿ではないでしょうか?本番当日、親子運動会は年少さんのかけっこで火ぶたが切られたのでありますが、そこにはまさしく「ヨーイ」って何よな姿。タカシ先生のヨーイのかけ声に反応しているのは「心」だけ。身体は直立不動。そんな姿を見て「ヨーイはこうで、こう!」なんて指示は出さず「ま、しゃーねーな」って感じで早々とピストルを鳴らすタカシ先生。

練習であれば、ピストルの合図でも走ることすらせず自信たっぷりでゴールテープまで歩き、そのたくましい背中をタカシ先生に見せつけているところだったのですが、本番でのそれは「軽く」走りゴールテープを切るという、親子運動会という空気をよく読む年少児なのでありました。そしてその姿はきっと皆さんのビデオにしっかり録画されておることでしょう。ま、タカシ先生としては、その歩いてゴールテープを切るたくましい背中をビデオに録画してほしかったのですがねー(^o^)

かくして、今年の親子運動会も大成功。さらに令和元年の親子運動会の保護者玉入れでは、さくら組保護者が105個という歴代1位の数字をたたき出し幕を閉じたのであります。

本日、親子運動会の写真もアップしておりますので、是非是非「ヨーイッテ何よ・・・」の姿をご覧ください。

「ヨーイ」って何よ・・・

昨日の風雨とは打って変わって五月晴れの週、中日。まったく、この時期の幼稚園は新緑に包まれ清々しいことこの上ない。タカシ先生は、なんつうかこう、季節を映す語彙が少なくてこの晴れ晴れしさ、清々しさを言葉にすることができないのですが、タカシ先生の従姉が「この季節の山々を『山笑う』って言うんだよ。タカシもこんな言葉を覚えておくといいよ。園長先生なんだからっ!!」と、教示してくれたことがあります。なるほど・・・相馬の山々も、冒険の森の木々も、幼稚園の植木も新緑に包まれまるで笑っているようです。そうです!この時期の幼稚園は「中村幼稚園笑う」な季節なのであります。

さて、幼稚園もタカシ先生も子ども達も笑っている中村幼稚園の園庭では、かけっこの練習が行われており、先週末からタカシ先生はピストルを持ってスターターをしております。かけっこのスターターというのは大事なものでタカシ先生の引き金一つでお友達が一斉にスタートを切るのですから気持ちを入れてやらなければなりません。前走が走り終わったか。ゴールテープは準備できているか。コースに友達が入ってしまっていないか。スタートラインではお友達が緊張し過ぎてはいないか。靴のかかとは踏んでいないか。また学年によって「ヨーイ」とピストルの「バン」の音の合間を短くしたり長くしたり。まぁ、B型のタカシ先生特有の「どうでもよいこと」に神経を使ってピストルを鳴らしているのであります。そんなタカシ先生の合図でかけっこが始まるのですが、年少さんのかけっこでは結構面白い光景が見られるのであります。

年長さんともなればスタートラインについてタカシ先生がピストルを高々と上げ「ヨーイ!」といえば「よし。バンとなったら疾風のようにスタートを切り、目指すはただ一つ。あのゴールテープ。なんとしてでもあそこに一番最初にたどり着き、両手を広げ大好きな先生の胸に飛び込むのだぁ!!」とかけっこに対する思いを全面に出し全力疾走の準備をする。これが「ヨーイ」で、これが当たり前なのですが、年少のそれといったら全く違うのです。

タカシ先生が「ヨーイ!」と言うと「用意したくないし・・・。そもそもヨーイって何よ。」って。そんな年少児の姿に「ヨーイは手をこうして、足はこう」なんてやって見せても「なにそれ?なんの用意?用意といえばご飯の用意じゃね?」とでも言いたそうに、ヨーイの格好もせずに鼻をホジホジ・・・。そんな年少児をみて「(ま、じゃーねーなー。年少さんだし。とりあえずピストル鳴らしちゃいまーす)バン!!」と鳴らして一斉に走っていくお友達の中に「用意できてないうちに鳴らすから走りませーん」と言わんばかりにのっそりゴールテープに歩いていく年少男児。そんな姿をみて「ゴールテープの向こうでは担任が両手でおいでおいでをしながら「こっちこっち!はしっておいでぇ〜!!」なんて満面の笑みで叫んでおるのですが、「んなこちゃぁ知ったこっちゃない。今日俺は歩く」と、園庭を堂々と歩いていく年少男子のその背中の逞しいこと逞しいこと。

そんなわけで、走るその姿も保護者にとっては誇らしいのですが、のっそり歩くその背中も頼もしい!って思える親子運動会にいたしましょう。

ホームページリニューアル

長らくお待たせいたしました。ようちえんのHPがリニューアルしました。

いやぁ、長かった・・・。パソコンが逝ってしまってからやく1ヶ月。目下の心配事は、幼稚園のHPのデータが復活できないこと。いや、データはあるのですが、ソフトが使えずHPを更新できないでいる事でありました。

名簿の作成やら、お手紙の作成なんかは、ワードやエクセルが使えればなんとでもなりますので(イチから打ち直す必要性はありますが。。。)心配はいらないのですが、ソフトが古くて使えない事には手の施しようがなく、一瞬「このままブログだけのHPにしてしまおうか・・・。」という悪魔のささやきまで聞こえてくるほど。

しかし、タカシ先生はこの1ヶ月少しずつHPを作成し、やっとこの日を迎えたのであります。しかも今日は偶然にも娘の誕生日ではありませんか!!

ということで、まだまだUPしきれておりませんが、少しずつ更新してまいりますので、どうぞご覧ください。
また、スマホにも対応しておりますので、少しは見やすくなったかな〜( ^ω^ )

ご無沙汰です

10連休のGWが終わり、本格的に幼稚園が始まりました。毎年この時期は、HPのブログを更新する頻度が高まるのですが、今年は全然更新しないで申し訳ありません。実は、幼稚園のPCがイカれてしまい、さらに追い討ちをかけるようにネットにも繋がらない状況でしてにっちもさっちも行かない状況でありました。PCを修理に出すも、「修理不可能です」とツッけんどん。回線についても、試行錯誤しましたが、埒があかず、本日業者さんに見てもらい、ケーブルの断線が発覚し即座に直してもらいました。ということで本日より完全復旧です。

さて、五月晴れで雲ひとつない園庭では、年長組のかけっこの練習が行われていました。タカシ先生もテラスに座って写真を撮りながらの応援です。新緑の下、全力疾走する年長さんの格好いいこと!心なしか足も長くなって颯爽と駆けていく姿は年長児らしく自信に満ち溢れています。

そんなタカシ先生の横に「ピトーッ」っとくっついて座る年少女子。その隣にも女子。その隣は男子、またその隣も男子、後ろに女子。なにも加齢臭漂うタカシ先生に寄り添っていなくてもいいものを、なんだか今年のタカシ先生は大モテなのであります。普段であれば、「遊んでおいで!」なんてつっけんどんにあしらうところですが、そこはまだまだこの時期ですから。きっとお母さんが恋しいのでしょう。泣くでも何を言うのでもなく、「ピトー」っと隣に居座るその姿を写真に収めてみると・・・。

「ねぇねぇ写った?どんな風に写った?」なんて、写った写真を見せてくれって言わんばかりにカメラを覗き込むのです。「はいはい、かわいく写りましたよ」なんていいならが再生すると、その自分の姿に満足したのか、また黙って隣に寄り添い「ピトーーーッ」っと座りなおし、駆けていく年長さんを眺めるのでした。

まったく女の子は、何歳になっても写真の写りを気にするんだからなーもー( ^ω^ )

190508.jpg
自撮りを確認したのは、タカシ先生の隣のおませな女の子( ◠‿◠ )


追伸:HPのソフトは復旧できず・・・。しばらくHP内の行事などの写真は更新できません。もぅしばらくおまちください。

離れ時

明日は、創立88周年の創立記念日で幼稚園はお休みですよ。お間違いなく。

さて、今日の朝の登園で、タカシ先生が出しゃばってみたのです。ここ数日の登園する様子をタカシ’s eyeで見ていて「この子は大丈夫だなぁ〜」と思われる子を正門前で保護者からそのまま引き受けたのであります。昨日までは、保護者の皆様と手をつないで教室まで行っていた年少さん。突然タカシ先生がお母さん方に「ココで良いよ」なんて言っているのを不思議そうな顔で見上げ「そうですか?」なんつって子どものお母さんが手を離しそのすきにタカシ先生がお友達と手をつないで「いってきまーっす!!」この早業にお友達はいったい何が起こったのか現実を受け止められない出いる様子。

しかし、タカシ先生の「今日は天気がいいねぇ〜」だの「あ!お友達が待っている!」だの「先生がお部屋の前にいるねぇ〜」だの「今日もお庭で遊ぼうか?」なんていう話術にごまかされ、ずんずんお部屋に向かって歩いて行くのであります。そうすると保護者の方と離れたもの忘れたかのように「うんっ!」なんつってタカシ先生の手をふりほどき、1人で教室に向かっていくその小さな背中のたくましいこと。タカシ先生は、その小さな手をもっとつないでいたいのに、やっぱり担任の先生の方がいいようです。

そこでタカシ先生からのお願いなのですが。まだ入園したてで心配なのは解りますが、担任もしくはタカシ先生に預けたら保護者の皆様は「サッ!」っと身をひいて欲しいのです。やはり子どもにとって保護者の皆さんが一番です。その保護者の皆様から離れる瞬間が一番心細いの。その時に、いつまでの保護者の皆様の姿が見えると心が幼稚園を向かず保護者へ向いてしまい、寂しくなってしまいます。

この朝の預けるタイミングは、子どもも親も「離れ時」であります。保護者の皆様が、後ろ髪をマトリックスの様に引かれていたのでは子どもが幼稚園の世界に入り込めませんので、「いってらっしゃーい!」と笑顔で、そして心を鬼にして踵を返して子どもと離れてみてください。保護者の皆さんが思っている以上に子どもは強いですし、場に順応しています。そして幼稚園から帰ってきたら思いっきり甘えさせてあげてくださいね。この「メリハリ」が子どもの心をより一層強くするのです。

ということで、タカシ先生が教室まで新入児を連れて行っていたので、写真はありません(^o^)

2日目

おさむぅございます、タカシ先生です、どーも。

雪が積もる平成31年度2日目となりました。全く・・・この時期は幼稚園の桜が満開で「桜吹雪」が舞うのであれば、春も深まるところだというのに、雪が舞ってちゃぁ満開の桜も台無し。おまけに、タカシ先生やお友達の格好ときたら、冬物のジャンパーなんですもの。新年度が明けたっていう昨日の晴れ晴れした気持ちが全くもって逆戻りです。とはいうものの、新年度は「パンパかパーン♪」と明けてしまっているので、お友達はこの雪の中でも登園してくるのであります。

でも、幼稚園の園庭にはもちろん雪がつもり、更にこの時期ですから溶けるのも早くドロドロのべちゃべちゃ。こんな日はお庭で遊ぶことができません。と言うことは、お友達は教室の中で遊んでいると言うこと。タカシ先生は、カメラをポッケにしのばせて各クラスを回ってみるのです。

すると、この時期特有の光景が・・・。どうにも寂しい年少さん。ママに抱っこされるように担任に抱っこされていたり、抱っこは先に取られちゃって担任のエプロンの裾を「ギュッ」と握っていたり。あるお友達をトイレに連れて行くために教室を出ると、担任の姿を追い求めて後ろをついていったり。この時期の年少児のクラスは、担任の身体がいくつあっても足りません。

かと思えば、担任が作ってくれたおままごとコーナーでおままごとに没頭しているお友達。自分の引き出しから粘土を持ち出して、粘土遊びに興じているお友達。ブロックがお気に入りでウンチングスタイルをばっちり決めてブロック遊びをしていたりと、担任そっちのけで遊んでいる年少さんの姿も見られます。


この時期は、まだまだ身体と心が疲れる時期です。泣き通しのお友達はもちろん、逞しく遊んでいて一見大丈夫と思っていても、心のどこかでは緊張し気を遣っているものです。お家では少し早めに寝せて、ゆっくり休ませてあげてくださいね。

かくいううちの満3歳の娘は、登園初日の昨夜、寝付くのも抜群に速かったのですが、夜中に寝ながら奇声を上げておりました。キット頭の中が興奮しているのでしょう。寝て奇声を上げることで脳をリセットし、翌日に備えているのでしょう。寝るって本当に大切です。

190411.jpg
年少児のブロック遊び。ウンチングスタイルから立ち上がるぜぃ。

初日

皆さんこんにちは、タカシ先生です。

始業式入園式を終え、本日第1日目の幼稚園です。各ご家庭では、嬉し恥ずかし、ドキドキワクワク、期待と不安…等々、親子共々様々な心の動きがあった1日だったと思います。記念すべき初日ですもの、保護者もどこかしらテンションが高く、しかし一方でどこか冷静な目で子どもを見ていたのではないでしょうか。

さて、幼稚園に登園してきた子ども達。特に新入園児の皆さんは、元気いっぱいでしたよ。コレも一重に説明会でお話をしたとおり「タカシ先生は、怖くない、タカシ先生は怖くなぁ〜〜いぃ〜」と、寝ている子どもの耳元で囁いて頂いたおかげでしょう。そういう保護者の皆様が集う中村幼稚園ですもの、タカシ先生を怖がるお友達は1人もおりませんでした。更に、担任へも心を開き、更に腕も広げ、更に更に両足もおっぴろげて担任に抱っこされているお友達の姿もみられ、タカシ先生は「よしよし…」と目を細めているのであります。

もちろん、タカシ先生もある男の子を抱っこしましたよ。両手で自分の頬をマッサージするかのように涙をぬぐっている可愛い男の子。どうにもこうにも部屋にいられなくて正門を見つめているその姿がとても愛らしく「抱っこする?」なんて聞くとこらえていた涙が更に溢れ、「コクっ」とうなずき両手を広げるのであります。まったく、こんな風にタカシ先生に抱っこされておるのに、数ヶ月後には今日の事なんて忘れて遊び呆け「あ、タカシ先生いたの・・・?」なんて風になっちゃうんだろうなぁ・・・。なんて思っておるのです。そして、「ひょい」と抱き上げる年少さんの軽いこと軽いこと。次第に抱っこなんてさせてもらえなくなるし、それどころか重くなってタカシ先生が抱っこできなくなっちゃいますね。

そういや昨日、卒園生のお父さんと話す機会がありました。卒園生の彼は今年21歳になるそうです。そして、年少時のまさしくこの時期「タカシ先生に毎日抱っこされ、泣いてわめいて事務所組になり、そんな日が続いて事務所とタカシ先生が大のお気に入りの場所になった。」と。そして「アノ時期があって、今の息子がいるんですよね」と。お父様は、そのことを昨日の事のように話してくださいました。その話を聞いてタカシ先生は21歳の卒園生に会ったら絶対にこう言ってやると決めたのです。

「抱っこする?」

年少時の、今、この時を大切にしたいですね。

190410.jpg
帰りの保護者の皆様のお迎えを待つ時間。初日はちょっと寒いね。

思いでアルバム

ご卒園おめでとうございます。

取り急ぎごご連絡いたします。

やはり思いでアルバムがフリーズしてしまう現象が出る機器があるようです。
原因は不明で、ワタクシの技術ではこれが限界ですので、その場合は、ご自身のパソコンでご視聴ください<(_ _)>

幼稚園のDVDプレーヤーでは再生できるのになぁ・・・。

申し訳ないです。

環境づくり

幼稚園の先生になると「環境づくり」と言うことを意識します。クラスの中や園内。時には、保育の進め方など見えない所の環境も整えて保育をしていかなければなりません。中村幼稚園ではその環境が整っているので子ども達がイキイキと生活しておるのですが、基本的に子どもが過ごしていく環境を作るのは、先生であったりタカシ先生であったり大人がするわけです。

さて、今日の朝の自由時間。園庭には水たまりができておりました。昨晩振った雨のせいでしょう。ジャングルジムや雲梯にも水滴がつき、朝の自由時間に園庭で遊ぶ年長児には「今日は、遊具はバッテンね!濡れていてあぶないからね」と一言話しておきました。聞き分けのいい年長さんです。皆一様に「ハーイ!(-o-)/」と返事をし朝の仕事を済ませて園庭に駆け出てきました。

この頃の流行はサッカーです。「サッカーしよぅぜぃ!」なんていいながらボールを小脇に抱えて出てきますが、今日はサッカーゴール前に水たまりができている。例年の年長児なら「ちぇっ」なんつって、ボールを教室に戻し、鬼ごっこやら、砂遊びならに興じるところですが、今年は違いました。

サッカーゴールの前では年長児が行ったり来たり。手には砂場のおもちゃを持っています。タカシ先生には正門前にいるので誰が言い出したのか全く解りませんが、どうやら砂場から砂を運んで水たまりを埋めております。その姿をみたタカシ先生は痛く感心し「ほぅ〜こんな風に年長児もサッカーをするために自分で考えて環境を作るようになったか・・・」とでっかい目を細めシャッターを切るのでした。
1903081.jpg
1903083.jpg


一方女の子の一部は、どうしても雲梯遊びをしたいようです。そこで教室から雑巾を持ち出し、雲梯の下にはベンチを持ってきて設置し「タカシ先生、雲梯は雑巾で拭けばやってもいいでしょう?!」とつぶらな瞳で訴えてくるのです。そりゃ、ここまで知恵を使い行動し訴えてくるのですからタカシ先生が「ダメ!」という理由はありません。「しっかり拭いてからね!」と言い返すと「(^o^)/ハーイ」なんて満面の笑みで雲梯へ掛けていくのでありました。
1903082.jpg

かくして、園庭の水たまりは砂場の砂で埋められ、雲梯は雑巾で拭かれて乾き、いつもの朝のようにサッカーが始まり、雲梯が始まると思いきや・・・。やはり一部は、ドロ遊び。いつものタカシ先生なら「オヌシら、サッカーをするために砂を運んできたのではあるまいか?!ん?」などと威嚇ビームを発射するところですが、卒園間近の年長児、更には明日は休みで汚れても構わない金曜日と言う事もあって、「オヌシら、あまり泥だらけになるんじゃないぞ…」タカシ先生はフルフルと拳を握りながら優しい目をして年長児を見守るのでありました。
1903084.jpg

豆まき

昨日は節分。皆さんのご家庭では、豆まきをしましたか?

タカシ先生の家では思いっきりピーナツを蒔きましたよ。息子が「誰が鬼になるの?お父さん?」などと怪訝な顔をしたので、「おまえが鬼になるんじゃい。そして、豆を蒔くのは一家の主、じーちゃんである。おまえは心して豆を身体いっぱいに浴びたまえ。ちなみにお父さんも家督であるからして、オヌシと可愛い娘っこにも豆をぶつける。ありがたく思うのだぞ。それではこれから、おまえの散らかし鬼と、娘の「お父さんクサイ」っていう悪い口の鬼を退治する。じーちゃん準備は良いか?では、掃き出し窓を開け声高らかに・・・「おにはーそとっ!ふくはー内っ!!」と、ここぞとばかりに息子と娘を追いかけ、頭の上からピーナッツをバシバシぶつけるのであった。

閑話休題

という園長先生のいる幼稚園です。2/1に行われた中村幼稚園の豆まきもこんなもんです。元来豆まきは、一家の主が行うのです。夕方のニュースなんかで可愛いアナウンサーが「今日は節分です。ある幼稚園では、先生が鬼に扮して元気に豆まきがおこなわれましたぁ〜♪」なんて映像が流れると、真っ赤な全身タイツを着せられ、鬼のパンツをはかされ、お面を被され、アフロヘアーのカツラをかぶったうら若き新任教員が、ここぞとばかりに子ども達に豆をぶつけられ、「参ったよぅ(T_T)」なんて、そんな映像が流れるのです。映像が終わるとアナウンサーも「元気いっぱいの子ども達でしたねっ♪」なんてコメントするものの、内心は可愛い子ども達よりも「先生お気の毒・・・私にアノ真っ赤な全身タイツは色んな意味で無理だわ。」と思っている事間違いなし。まったくもって、豆まきの本来の意味をわかっておらん!

かくして、中村幼稚園では「泣き虫鬼」や「いじわる鬼」「食いしん坊鬼」や「ねぼすけ鬼」など、子ども達がそれぞれ自分の中にいる鬼を、クラスの主である担任の先生に豆をぶつけてもらい追い出していただくのでありました。いやぁ、今年も幼稚園の園庭には、様々な鬼が逃げ出していったようですよ!

190201.jpg
今年の年少さん鬼。かわいらしいったりゃありゃしないლ(╹◡╹ლ)

前の10件 | -