So-net無料ブログ作成
検索選択

歯磨き

今日は年長さんで、歯ブラシのブラッシング指導がありました。相馬市歯科医師協会の主催なのですが、幼稚園児のブラッシング指導に至る相双地域の口腔事情にはタカシ先生は驚愕してしまったのです。

現在相馬市の小学校では、フッ化物洗口が行われています。(希望を取るようですが。)その背景には、まず、全国ランキングで福島県の3歳児の虫歯有病者数が平成18年から平成26年にかけて40位代。しかも1人当たりの虫歯数においては、24年、25年と連続で全国最下位の47位なのです!!(26年度は45位)

同じく福島県の6歳児の虫歯有病者数も平成26年度47位の最下位(涙)

さて、そんな全国最下位をいったり来たりしている福島県内に目を向けると・・・。
3歳児の虫歯有病者は
相双地区:44%(H20年)から32%(H25年)。
全  国:25%(H20年)から18%(H25年)。
福島県内:38%(H20年)から28%(H25年)

グラフ上は右肩下がりで、年々少なくなっていく傾向なのですが、それでも10人に3名は虫歯があるという統計です。

要は、全国ワースト1,2を争う福島県において、相双地区の虫歯有病者数は福島県内でも悪い意味でトップクラス。つまり「相双地区は日本有数の子どもに虫歯が多い地域」になってしまっている、というデータがあるというのです!!

これにはタカシ先生驚愕してしまいました。なぜって、歯科検診では毎年「虫歯が少ない園ですねぇ〜」と、歯科医師の先生からお褒めのお言葉を頂き、自分の手柄のように「そうでしょうそうでしょう」と鼻高々だったのでありますが、実はそれは当たり前で、6歳つまり小学校へ上がると虫歯になってしまっている。というデータを目の当たりにしてしまったからであります。

各ご家庭、この統計結果を踏まえて、虫歯のない歯を目指し、かかりつけの歯科医師さんに色々相談してみてください。特に虫歯があるご家庭は、必ず治療し完治させてくださいね。今、「口腔崩壊」という恐ろしい事になっている若年層がいるらしいですよ。それじゃぁ、美味しいお弁当だってたべられりゃぁしないというものです。

170607.jpg
芸能人、もとい。幼稚園児は歯が命!!磨き残しがピンクに染まる液を塗ってもらいました。オヌシは綺麗に磨けている方だぞ!!

バスは通常出発しています。 [事務連絡]

本日強い雨と、時折雷が鳴っていますが、バスは通常時間に出発いたします。

バスをお待ちの方は、雨や雨具で見通しが悪くなっている場合があります。周りの状況等に十分注意してお待ちください。尚、この天候で若干の遅れが生じる場合もございます。

中村幼稚園

シャッターチャンス

雨の日はお庭で遊ぶ事ができないので、みーんなおとなしく教室で遊んでおるのです、当たり前だけど。雨降りでタカシ先生もお庭に出る必要がないので今日はHPを更新しましたよ。親子運動会。澄み渡る青い空と白い雲。その下で輝く子ども達で印象的な写真ばかりになりました。

さて、雨降る中とある教室へお使いにいく途中の各クラスから良い表情をした子ども達の姿が目に飛び込んできます。大したお使いでもないので、 ここぞとばかりに写真に収めようとポケットに手を忍び込ませましたが、カメラが無ーい!!なんて失態。タカシ先生が移動するときは大抵カメラを持ち歩いているというのに。「ここだ!」というシャッターチャンスを逃してしまいました。

子どもはカメラのレンズを向けるとすぐにポーズを決めたり、逃げちゃったりするのでタカシ先生は「なにげに」シャッターを切っているのです。この一瞬の自然な表情、構えない子どもの姿をカメラに収めるのはなかなか難しいのです。

「あーぁ、良いクラスの風景を一つ逃しちゃったー」と肩を落としつつ、カメラを取りに事務所へもどって再びクラスを巡回するのでありますが、再び表れたのタカシ先生の姿では子ども達の表情は、ちょっとだけ違うんだよなー。

170601.jpg
先生に作ってもらったの♪

親子運動会

みなさんこんにちは。代休開けの火曜日、子ども達はどこかしら自信がついたような表情で登園してきました。なぜって?そりゃぁ、中村幼稚園日和の日曜日に親子運動会が開催され、在園児は嬉々としてかけっこやフォークダンス、親子競技に精を出していたからなのであります。

まさかの土曜日の天候不順で日曜になったにも関わらず、在園児の1名をのぞいては待ちに待った親子運動会。否が応でももりあがるのであります。え?在園児の1名って誰かって?うちの息子ですよブーたれているのは・・・(-.-)

土曜日起きるなり「お父さん、雨が降ってて運動会できないじゃん!!」なんてあのかわいい息子が見たこともないような形相に変わって怒られた上に、快晴の翌日曜日も「昨日が良かった・・・」等とぬかしおって、タカシ先生ならぬタカシ親父は「なんだとくぬやろー!!でたくないならでなくてもよろしい!!勝手にせぃ!!」なんて雷を落とそうにも、本番前に彼のやる気をへし折るわけにもいかず「そんなこと言うなよぅ〜、お父さんだって昨日やりたかったんだよぅ〜、お天道様に文句を言ったら罰が当たっちゃうぞぅ。お父さんも頑張るからおヌシもがんばれよぅ・・・」なとど、平に平におだてまくって登園させたと思ったら、お友達を見るやいなや「わーい♪おはよーーーーー!!!」なんつって、親父そっちのけで園児席へ駈けていくのですから、今朝の親父のその努力、全くのムダ・・・と肩を落として白線を引くタカシ先生に変身なのでります。

さて、各ご家庭でも運動会開始前と本番、そして終了後のドラマがあったことでしょう。かけっこでの風を切るあの表情。「おまえの初めてのダンスのお相手はお父さんだぜ!」と娘と一緒にフォークダンスに興じるお父さん。親子競技で子どもを抱っこしたりおんぶしたりする保護者の皆様。こうして子どもを抱っこして走れるなんて今しかありませんからね、解ってましたか?それに付け加え、子ども達の大声援で盛り上がった相馬一高いクラス対抗玉入れに祖父母競技と、今年の親子運動会も心に残るモノになったと思います。

かくいうタカシ先生も、前日、当日朝とブーたれた息子との一悶着もありましたが、年長の息子の親子運動会は今年で最後なんだなぁ・・・となんだか感慨深く、終わってしまうとなんだか少しセンチな気持ちになっちゃうのでありました。

みなさんは、親子運動会での子どもの姿をご覧になって何を感じましたか?

170528.jpg
快晴の下で行われた親子運動会!!

親子運動会は明日に順延です。 [事務連絡]

【6:31】
本日開催を予定しておりました親子運動会は、天候不順の為明日に延期になりました。
6:30過ぎに役員さんから電話が回る予定です。

よろしくお願いいたします。

   中村幼稚園

【7:10】
7:10現在、各クラスの連絡網が回り終え、おおむね連絡がつきました。
保護者の皆様へは、朝早くにご協力いただきましてありがとうございます。

雨は小降りになってきており、これからは天気も回復する予報ですが、園庭がご覧のとおりです。
明日、快晴の下運動会を開催出来ればいいですね。

尚、借りている駐車場は明日も足場が悪くなっているかもしれません。車の乗り入れ、移動には十分にご注意ください。降車の仕方などは、お手紙にも記してありますので参照してください。

【7:41】
ただいま全園児へ連絡がつきました。役員さんをはじめ皆様ありがとうございました。
明日、晴れますように!!〓

170527.jpg

スマイルミッション 〜子ども宇宙プロジェクト2016〜

 ♡スマイルミッション♡
 昨年度に行われた『子ども宇宙プロジェクト〜スマイルミッション2016〜』のロケット打ち上げが下記の日程になりました。平成28年度在園児の写真が、国際宇宙ステーションまでの宇宙の旅をして地球に帰ってくる予定です。昨年在園されていた現1年生のお友達にも教えてあげてください。

★打ち上げ日 6/1(アメリカ東部夏時間)
☆ロケット名 ファルコン9
★発 射 場 アメリカフロリダ州ケネディ宇宙センター
☆帰還予定日 7/2

詳しくは、「国際総合企画」で検索してね!!

スターター

昨日今日と天気に恵まれ、特に今日なんかは「あぁ〜ぁ、今日が親子運動会の本番だったらいいのになぁ〜」と心底思う陽気だったのであります。でも、昨日の様な真夏日は雨の次に勘弁してほしいものですね。

さて、親子運動会でのタカシ先生の出番は何と言ってもピストル係であります。全学年かけっこがありますし、クラス対抗親子競技や保護者競技でも、ピストルを使います。幼稚園に入園して2ヶ月あまりの年少さんなんかは、このピストルの音を始めて聞くお友達もいることでしょう。ということで、ピストル係は、実は園長挨拶よりも大切なお仕事なのです。

昨今、電子ピストルやホイッスルなどで行う場合もありますし、なんちゅうか、スターターが「用意」の格好をし、腰下で音を鳴らすところもあるようですが、タカシ先生が行うスターターは昔ながら。右手を高々と上げて「よ〜い、バーーン!!」なのであります。

そんなピストルを腰にぶら下げて園庭に登場するタカシ先生。すると特に男児は「タカシ先生てっぼーもってっど!!」なんつって瞳を爛々と輝かせて、憧れの眼差しでタカシ先生を見つめるのであります。対して年少さんなんかは、大きな音が鳴るのが怖くって、おしっこちびりそうな瞳で「かんべんしちくりー」なんて涙目で輝く瞳になっていたりして・・・。

かくして、スターターのタカシ先生は、年少さんが泣こうがわめこうが、昨日今日とこの晴天の下、お友達のかけっこを一等席で見ているのでした。皆さん、本番の子どもの姿が楽しみですね。

170523.jpg
青空の下、準備体操でやんす♪

初めてのお弁当

今日から幼稚園ではお弁当が始まりました。

保護者の皆様の幼稚園選びの重要ポイントの1つに「お弁当ナシ」とか「お弁当は週に数回」といった項目があるのは重々承知の上、中村幼稚園では「完全お弁当」なのです。「給食がないから中村幼稚園を選ばない」といった声も聞こえてきておりますが、「完全お弁当」なのです。そう、「完全お弁当」

そりゃ、お弁当を毎日作るのは大変です。毎年年度末に行っている、年中さんへの「食に関するアンケート」でも、「週に1回でも良いから給食があると良い」という回答が毎年あります。しかし一方で「何とかなるものです!」とか「お弁当を初めて完食してきた日が忘れられない!」とか「おかずを一緒に考えられコミュニケーションが取れる!」とか、その大変さに反して「お弁当は大変だけれど、よかった!」という声も多々あるのであります。中には「毎日お弁当だから、安心」「お弁当だから中村幼稚園」といったご意見がある年もあるのですよ。

そしてですねぇ、なによりも子どものこういう笑顔を見られるのもお弁当ならでは(^o^)
170424.jpg

万が一今日この日が給食であったならば、このお友達のこの満足そうな笑顔はないのであります。この年少さんのこの満足そうな笑顔は、いくら給食が美味しくったって出てこないと思います。

これからお弁当づくりの大変な日が続きます。あまり気合いを入れすぎずに、肩の力を抜いて普通のお弁当を持たせてあげてくださいね。

それにしても、この三角おむすび、美味しそうだなぁ・・・。

お手伝い

入園して1週間。新入児のお友達にとっては、まさしく「世界が広がった」1週間だったことでしょう。対して保護者の皆様も「うちの子大丈夫みたい!」とか「やっぱり泣いちゃったかぁ・・・」と、胸をなで下ろしたり、逆にますます不安になったりと、気が気じゃない1週間だった事と思います。何はともあれ、人生初、社会に出る第一歩を踏み出した記念の1週間だったのは違いありません。

さて、タカシ先生も正門で新年度を迎えているのでありますが、この時期はどうしても「新入児」特に年少さんの話題になりがちですので、今年は年長さんのお話をしましょうね。

今日は、天気も良く幼稚園の桜も満開なのです。お花見をしたいような陽気に、お友達も元気に園庭に駆け出てきました。タカシ先生はそんな年長児の姿を見越していて、正門前に大きなたらいと子ども用のじょうろを出しておきました。もちろんたらいには水を張ってです。

幼稚園の園庭には、綺麗なビオラと、年長さんが去年植えたチューリップのプランターが置かれてあります。チューリップは3,4輪花を咲かせ始め、ビオラももちろんわさわさと咲いておるのです。そんなプランターに年長さんには「水やり」のお手伝いを頼んだのであります。

「おーい、年長さんの女の子ー、お水やり手伝ってくりーーーー!」と声を掛けると来ました来ました、年長女児が遊ぶのもそっちのけで「なになになになになになに?????」と。そして、「やるやるやるやるやるやるやるぅ〜〜〜」と早速水を張ったたらいにじょうろを入れ「ちべたーーーーい!」なんて良いながら、せっせと水やりなのです。

水をやりながら「綺麗な花だね」とか「チューリップはまだ咲かないなぁ」とか「男の子じゃなくて今日は女の子の日!」とか「こっちは沢山あげたったから、あっちね」とか「桜の木にはあげないの?」とか「じょうろが小さいから何回もいかなくっちゃ!」とか「タカシ先生水がすくなーーーい!」、そりゃもぅ、あんたよくもそんなに色んな事が堰を切ったように出てきますね的なお姉さんなのです。

しばらくして、たらいの水がなくなるのと同時に「お集まりですよ〜!」なんて担任から声がかかります。それと同時に「もう一つ手伝ってくり」なんて、帰りの時間に年少さんが座る椅子並べをお願いすると「はいはーい!」なんつって、お集まりそっちのけで綺麗に年少さんの椅子約40脚をあっという間に並べ「終わりましたーーー!」なんつって。「タカシ先生が1つも運ばずに終わってしまった。年長さんに手伝ってもらって助かっちゃった、ラッキー♪」なんていうと「ウフフ♪」なんてほくそ笑んで、クラスへダッシュして帰って行くのでありました。

まだ1週間しか経っていないのにこの年長さんぶりときたら大したものです。「果たしてこれが男児だったら、というか、年長に進級した、うちのどら息子だったらこうも素直に手伝ってくれたのだろうか・・・。」と、素敵な年長女児の姿をみてまじまじと思うのでありました。

月曜日、天気が良かったら全く同じ事を、男の子に頼んでみようっと・・・。

20170407.jpg

平成29年度 第87回入園式

タイトルを書いていて「87回目の入園式なのかぁ〜」と、午後の春雨の中しみじみと珈琲を頂いているタカシ先生です、本日はおめでとうございます。

真新しい制服に〝着られている入園児〟のお友達と同じく、タカシ先生も、モーニングに着られて、さらにシルクハットをかぶり、準備万端お出迎えです。

さぁ、正門から続々と登園してきたお友達。んもぅ〜♡ちっちゃいのなんのって♡うちの子もこんなにちっちゃかったんだっけ?と、目をこすって見直すくらい小さなお友達が、お父さん、お母さんに手を引かれて登園してきました。正門前での記念撮影もそこそこに広い園庭に駈けていくお友達もいれば、ちょっと涙目のお友達。意気揚々と「ぉはよーざいまーっす!」って挨拶をしてくれるお友達もいれば、保護者の手を離せないお友達もおりますねー。そんな、かわゆすなお友達に、シルクハットをかぶり、モーニングを着た、黒づくめの上に、こんな厳ついおっさんが「ざーっす!!」なんて挨拶しておるんだもの、昨日書いた通りまさしく新入園児のお友達には「タカシ悪魔」に見えたに違いありません。

それでもね、体験入園の時にしっかり「この先生はタカシ先生ですよ。今日はこれだけ覚えて帰りなさい」なんて教えてもらったり、クラス発表の保護者会では「『タカシ先生は怖くないよって』って子どもに言っておいてくださいね!」という保護者の皆様へのお願いよよく聞いてくださっていた模様で、タカシ悪魔の顔をみて涙ぐむお友達はいませんでしたが、「この人、この前の人?」みたいな表情でタカシ先生の前を通り過ぎるお友達は、沢山いたのでありました。

さて、今日の入園式では、保護者の皆様と一緒に登園してきたので、なんら問題なく登園出来たと思いますが、明日からはお友達はお父さんお母さんとさよならしなければなりません。ここで大切なのは、保護者の皆様の引き際ですね。自分のお子さんを信じて、そして幼稚園の先生を信頼して「頑張っていってらっしゃーい!」って送り出してあげてくださいね。

以前、前の園長の美佐子園長が新年度のバスに乗車し、年少組の男の子が「いぎだぐなーーーーーい!」って、〝高価〟な園長先生の眼鏡を吹っ飛ばし、フレームを曲げた事件がありましたが、そんな男の子でも、幼稚園に来てしまえば良い子にしていますし、今では、そんな事件が笑い話になるくらい自慢の中学生に育っていますので、どんな姿でも元気に送り出し、元気にお迎えしてあげてくださいね。明日は、親の力の見せ所ですよ!