So-net無料ブログ作成

学級閉鎖ふじ組

※2/27(火)さくら組学級閉鎖のお手紙配布後、ふじ組のインフルエンザ疾患者が増えましたので、下記の通り明日2/28(水)にお手紙を配布します。

        平成30年2月28日

保護者 各 位
       学校法人中村中村幼稚園
       園 長  荒 崇志

インフルエンザによる学級閉鎖(ふじ組)について

平成30年2月27日(火)降園時間までに、ふじ組において3割を超える園児がインフルエンザ疾患により欠席しておりますので、下記の通り学級閉鎖の措置を執ります。
 保護者の皆様におかれましては大変ご迷惑をおかけいたしますが、園内の蔓延をこれ以上広げないようご協力とご理解をお願いいたします。

  記

インフルエンザ疾患による休園者がクラス人数の3割を超えた為、下記学級を「学級閉鎖」とする。

学 級 ふじ組(27名)
状 況 7名がインフルエンザによる欠席
期 間 平成30年3月1日(木)から3月2日(金)まで
備 考 ふじ組在籍者は、学級閉鎖の期間中時間外保育もご利用になれませんのでご了承下さい。

以上

学級閉鎖さくら組(再)

         平成30年2月27日

保護者 各 位
       学校法人中村中村幼稚園
       園 長  荒 崇志

インフルエンザによる学級閉鎖(さくら組)について

 取り急ぎご連絡致します。
 平成30年2月27日(火)現在、さくら組において3割を超える園児がインフルエンザ疾患により欠席しておりますので、下記の通り学級閉鎖の措置を執ります。
 保護者の皆様におかれましては大変ご迷惑をおかけいたしますが、園内の蔓延をこれ以上広げないようご協力とご理解をお願いいたします。

 他の組もインフルエンザ疾患者が増加しています。他のクラスでも学級閉鎖、もしくは学年閉鎖の措置を執る場合がありますので引き続きご注意下さい。
 インフルエンザは、感染力が強いため本人の自覚症状がなくても感染してしまっている場合があります。ご家族、兄弟が患っている場合の登園についてもご配慮下さい。

  記

インフルエンザ疾患による休園者がクラス人数の3割を超えた為、下記学級を「学級閉鎖」とする。

学 級 さくら組(27名)
状 況 7名がインフルエンザによる欠席
期 間 平成30年2月28日(水)から3月2日(金)まで
備 考 さくら組在籍者は、学級閉鎖の期間中時間外保育もご利用になれませんのでご了承下さい。

以上

学級閉鎖

保護者 各 位
       学校法人中村中村幼稚園
       園 長  荒 崇志

インフルエンザによる学級閉鎖(さくら組)について

 取り急ぎご連絡致します。
 平成30年2月22日(木)現在、さくら組において3割を超える園児がインフルエンザ疾患により欠席しておりますので、下記の通り学級閉鎖の措置を執ります。
 保護者の皆様におかれましては大変ご迷惑をおかけいたしますが、園内の蔓延をこれ以上広げないようご協力とご理解をお願いいたします。

 また、他のクラスにおいても数人インフルエンザ疾患により欠席していたり、ご家族が患っている場合も見受けられます。インフルエンザは、感染力が強いため本人の自覚症状がなくても感染してしまっている場合があります。ご家族、兄弟が患っている場合の登園についてもご配慮下さい。

  記

インフルエンザ疾患による休園者がクラス人数の3割を超えた為、下記学級を「学級閉鎖」とする。

学 級 さくら組(25名)
状 況 8名がインフルエンザによる欠席。
期 間 平成30年2月23日(金)から26日(月)まで
備 考 さくら組在籍者は、学級閉鎖の期間中時間外保育もご利用になれませんのでご了承下さい。
    ばら組もインフルエンザ疾患者が5名に成っていますので引き続きご注意下さい。

       以上

負けられない戦いは、ここにもある!!

世の中冬季オリンピックの話題でいっぱいですね。4年に一度のオリンピックに出場出来る選手の影には、どれだけ涙を流した選手がいるのだろう・・・と思ってしまいます。

さて、本日は年長組のサッカー大会が行われました。(ちなみに火曜日には年中組のサッカー大会が行われています。)男女別で1クラス2チームずつ、計6チームによって争われるサッカー大会は、今年から2週にわたって行われてており、先週は3チームずつのリーグ戦を行い、今日が順位決定戦と言うわけ。リーグ戦を1位で抜けてきた2チームが決勝戦。2位抜け同士で3,4位。3位抜け同士で5,6位決定戦。こちらのリーグ戦も、接戦で得失点差により3位に甘んじたチームがあったりして実力伯仲でありました。

女の子のそれも当然大盛り上がりなのですが、やはり手に汗握るのは年長男児のサッカーです。その気持ちの入れようったら尋常じゃなく、目から炎がバリバリと出ているのであります。そして、園児に負けず劣らず気合いが入っているのが担任だったりするのはココだけの話し(╹◡╹)

さぁ!5,6位の順位決定戦がはじまりました。負けりゃ最下位と解っていてか、こちらは序盤から応援合戦を加えて大盛り上がりです。シュートを打てば機敏にキーパーが反応し、ゴール前にボールが転がれば皆がラグビー並みのスクラムを組んで突撃です。まさしく「負けられない戦い」なのであります。1点とって、1点とられて・・・1対1で迎えた試合時間終盤。なんと!ウチの息子が、試合を決める「ごっつぁんゴール」をたたき込み試合を決めるという、なんと親思いな・・・(感涙)ってなわけで順位がまず確定。こちらが1番盛り上がったといっても過言ではない試合運びでありました。

3,4位決定戦は、奇しくも同じクラス同士の対決。担任も「どっちを応援したらいいのか・・・」と苦笑い。応援も「どっちも頑張れー!!」と、微笑ましい試合となったのであります。

さて、優勝決定戦は、なかなかの見ものでしたよ。もちろん、クラス別でありますので、応援席からも、監督(担任)席からも厳しい声と激励が飛び交います。ちょっとでも気を抜こうものなら「しゅーちゅーーーー!!!!」とか、ちょっと足が止まれば「せめろーー!!」とか。ゴール前にボールが転がれば「そこだーーー!!!」なんて、そりゃ、勝てば優勝となれば、同級生も担任にも力がはいります。かくして、優勝決定戦は1対1のまま試合終了の時間を迎え、運命のPKとなりました。

また、このPKも手に汗握る攻防。監督も仲間も、手を握って「獲ってくれ」と「取ってくれ」のお祈り合戦なのであります。力強いPKのシュート。決まったり、外れたりの結果2対1で、ゆり組の「ザマス合体ポケモンチーム」が今年のサッカー大会年長男児の部を制したのでありました。

試合終了後、今年も負けたチームからは悔し涙が。そして、優勝したチームをたたえる、別のチームのクラスメイトの姿も見られ、タカシ先生は今年も「ヨシヨシ、今年の年長児も良く育っているな」と目を細めるのでありました。

18021501.jpg年長男児優勝チーム

18021502.jpg年長女児優勝チーム

18021506.jpg年中男児優勝チーム

18021507.jpg年中女児優勝チーム

18021504.jpg年長男児決勝PK戦

18021505.jpg年長男児決勝PK戦

18021503.jpg泣いております、泣いておりまぁ〜っす!!