So-net無料ブログ作成
検索選択

日本一の卒園式

3/18第84回中村幼稚園卒園式が行われました。

タカシ先生が園長となって送り出す初めての卒園生。正直、こんなに早く登壇し卒園生のみんなに修了証書を渡すなんて思ってもみませんでした。

そんな思いの中行われた卒園式は、毎年の事ながら「日本一だなぁ」と思うのであります。座っている姿や、お免状をもらうときの表情。卒園式の歌やお別れの言葉は、保護者のみならず、園関係者の胸を打ちます。それでいて「こどもらしさが欠けていない」というのはやはり子どもの心の自信と幼稚園への思いがあるからでしょう。

さて、タカシ先生の目の前では、号泣に号泣している女の子がおりました。快活でありながら言葉少なな彼女でしたが、最後のこの日に涙が止まらなくなるほどの思いを胸に巣立っていくとは想像だにせず、保護者の方もその思いには笑うしかないのでした。対して男の子は、退場前のタカシ先生との握手で、タカシ先生の手を握り「ブンブン」と勢いを付けて握手をしてくれ、前途洋々な雰囲気を醸し出して退場する姿もありました。

それぞれの思いを胸に、小学校へ行っても自分らしく頑張って欲しいですね。

さて、毎年恒例の式終了後のタカシ先生のマイクパフォーマンス。今年から、大役を務めなければならず、そこまでの余裕がありませんで、今年は例年と違った催しをしたのであります。それは、卒園生の保護者の皆様とタカシ先生だけのひ・み・つなのであります。まさかねぇ、あんなものがこんな風になって自分の手元へ返ってくるとは、卒園生は思ってもみないことでしょう。大切に取っておいてくださいね。

と言うわけで、HPの更新も滞りがちな1年でしたが、平成26年度はこれで終了となります。1年間ありがとうございました。HPも新年度へ向け新たに出発しま〜っす!!

             中村幼稚園 荒 崇志