So-net無料ブログ作成
検索選択

秋?冬?寒?暑? [日記]

3連休は皆さんいかがおすごしでしたか?相馬ではやっと山々が色づいて紅葉真っ盛り。お天気も良くって皆さん晩秋の行楽へおでかけしたのでしょうか?

と、秋を楽しもうと思っていた休み明けの今日は、めちゃめちゃ寒かった!吐く息は白いし、正門で門番をしているだけで「ブルブル」と震え上がっちゃいます。幼稚園から望む相馬の山々は所々うっすら雪化粧しているし、晩秋っつうよりは冬ですね。山の方から(?)登園してくるお友達は「幼稚園は雪がないねぇ」なんて言っているのですから、車にうっすら雪化粧のお家もあったようです。

で、こんなに寒いというのに、年長男児ときたら「まったくもぅ~!!」です。半袖体操着ですよ、はんそで!!平気な顔をして半袖でいる男の子に「ちょちょちょちょちょちょっとあなたっ!!!!長袖の体操着を着なさい!!」と、鼻息を白くはき出しながら注意すると返ってきた応えはこうです。

「えーーー!暑いジャン」

って、暑くないから。今日はどんなに走ってもわめいても騒いでも「あつくないから」お昼の気温は9度だから、1桁だからーーー!!ってもぅ半強制的に長袖着用です。それに付け加え、ブラウスのまま遊んでいるお友達もちらほら。まったくもー!お遊戯会前に風邪引いたらどうすんの!!って、タカシ先生ハタと気がつきました。もしかしたら暑いかも(・ε・;)・・・って。

只今幼稚園ではお遊戯会の練習に「熱」が入ってます。先生方はもちろん「腕まくり」お友達も自分のお遊戯を熱心に練習しております。お遊戯会の練習に熱が入り、熱心の練習しているんですもの、もしかしたら暑いかも?

いやいや、それでも当日「お熱が出てお休みですぅ~」なんて別の意味で熱くなってもらっては困りますので、やっぱりこの寒さでは「長袖体操着きなぁーい!」って言うのが一番です。

それに付け加えなんだか「水疱瘡(みずぼうそう)」が流行っております。水疱瘡はかかったほうが良いとも思うのですが、やはり行事前と言うこともあるので皆さん十分に注意してください。水疱瘡はとても感染力がつよいので「怪しいなぁ」と思われる時は、幼稚園で蔓延しないように早めに受診し、幼稚園をお休みするなどのご配慮をお願いします。更にインフルエンザも驚異です。今年は1ヶ月早く流行るかも知れないとの情報もあるようです。何にせよ、体調不良だと思われるときには、無理して登園せず、完全に治ってから幼稚園に来て下さいね!

更新 [年長児]

お待たせしました。体育フェスティバルと、遠足の写真をアップしました。

どうも、9月10月11月は行事が多くて、なかなか写真を更新出来ないでいます。写真はしこたま撮ってあるのですが、それを加工してHPにアップする作業の前に、また行事・・・。写真は溜まる一方です。
なんとか皆さんに早く見せてあげたいんだけれど、この時期はどうにも手が回りません。

残りの行事写真とお庭、クラス等の写真も少しずつアップしていきますので、もう少々お待ち下さい。

081114.jpg
写真を整理してたらこんな、幼稚園らしい写真が出てきました。

防火パレード [年長児]

昨日11月9日から全国火災予防運動が始まりました。そして今日は、市内3園のお友達が一堂に会して相馬市内を鼓笛パレードしたのであります。先日の日記でも書きましたが、中村幼稚園の鼓笛隊はそれはそれはすばらしいものです。あの子ども達のやる気といったら、そりゃぁもぅ、言葉になりません。出発式の前に、数名の保護者の方とお話をする時間があったのですが、皆さん一様に「鼓笛隊が楽しいって!」とか「太鼓重いけど頑張るよ!!」とか、子ども達がすごく鼓笛隊を楽しみにしているってお話を伺い、タカシ先生も「そうでしょうそうでしょう」とブンブンと首を縦に振るのでありました。

さて、沿道から暖かな声援を送ってくださった皆様。今年最後の鼓笛パレードはいかがでしたか?前回の交通安全パレードの時とはまた違ったお友達の姿がみられたのではないでしょうか?少し練習する期間もあり益々磨きが掛かった演奏もしかり、それに一目で違いが分かると言えば?!!そうです、鼓笛隊の衣裳ですね。

あの衣裳は、幼稚園の制服を使って先生方が夜なべして飾り付けしたんですよ!体育フェスティバルで使用した鼓笛隊専用の衣裳もイイケド、またこの制服衣裳も見栄えがします。今年は指揮者の袖口に、ハートのラメシールが貼ってあったりして、凛々しい中にもちょっとラブリー♪な感じがあってタカシ先生は、「ほうほう、先生方も色々と試行錯誤しているなぁ…」と腕を組んで感心しちゃいました。

そんな先生方の愛情一杯の手作り制服衣裳を身にまとい、今年の鼓笛パレードも大成功!!本当にすばらしい鼓笛隊で、タカシ先生は写真を撮りながら「良くもあなた達はココまで成長し自信を付けたものだなぁ・・・」と、ちょっと目頭を熱くしながら目の前を過ぎてゆく年長さんの鼓笛隊を見るのでした。

今年の年長さんの勇姿と自信をみて、キット年中さん年少さんも鼓笛隊楽しみにしていると思います。年長さんありがとう!!

081110.jpg
制服を使った指揮者の衣裳。さぁ!はじまるわよー、ついてらっしゃい!!

最後 [年長児]

最近、幼稚園での子ども達の姿を見ていると、その成長ぶりには目を見張るものがあります。今まで滑り台を年長さんに独占され、隅に追いやられていた年少さん。最近は滑り台を独占し、鎖登りや下り棒など、一歩難しい遊びに挑戦してます。ほんのちょっと勇気がいるその遊びですが、それが出来るようになった時のその表情は、何とも言えず輝いております。そんな子どもの姿を見られるというのが、幼稚園で働いていて良かったなぁ・・・と思う瞬間でもあります。ん~、保護者の皆様の感覚で言うならば、赤ちゃんが初めて立ったときとか、初めて歩いたときの感覚でしょうか。お友達も初めて出来るようになったその瞬間に、大きな自信を持つんですよ

もちろん、成長しているのは年少さんだけではありません。年中さんだって、年長さんだってそれは同じ事。

そんな自信ですが、最近の年長さんのそれは見事に成長しているのが解ります。今日は、今年最後の鼓笛隊の練習だったんです。防火パレードで披露するために、ここ数日練習をしていたのですが、その出来のすばらしいのなんって。歩く姿も、並び方も、小太鼓も、中太鼓も、大太鼓も、トリオも、シンバルも、指揮も、タンブリンも、ポンポンも、演奏も、鼓笛隊に取り組む姿も、みーんなすばらしいんです!それに、なんというか演奏に力があります。

たまたま最後の練習は、大太鼓が3人のうち2人がお休みしちゃったのですが、1人ででも、自信たっぷり大きな重低音を響かせ鼓笛隊をリードしていました。その大太鼓のリードに、「ダンダン!ダダ、ダンダンダン!!」って太鼓はそろって響き、ポンポンとタンブリンの手は「ビシッ!」っと伸び、全員の表情が真剣そのもの。さっきの自由遊びの時間では「ギャハハハハァーーー!!!」なんて笑い駆け回っていたのにです。

そんな年長さんの鼓笛隊の最後の練習にタカシ先生は、少し寂しさを感じてしまうのでした。

11月 [日記]

あっという間に11月。月が変わる度に「新入児が入園してきたのは、ついこの間だったのになぁ…」と、月日が経つのが早いといつも思います。そして11月に入り、来年度の入園希望者の入園受付がはじまりました。毎日、願書を提出しに来られる新入園児と保護者の皆様を見て「この子も来年の今頃はこの園庭を駆け回っているんだろうなぁ」と目を細めてみてしまいます。

さて11月に入り、季節は晩秋です。昨日の大風が相馬地方の冬の乾風を思い出させてくれました。そしてこの秋風で、冒険の森の落ち葉が沢山お庭に落ちました。普段ならば「あー落ち葉掃きしなきゃ…」って竹箒を持ってお庭をレレレのおじさんの様になって掃くのですが、今日はちょっと思考を変えて掃かないでいました。その代わりに以前集めておいたドングリを、お友達が登園する前に落ち葉の落ちている辺りに沢山まいておいたのです。

幼稚園の冒険の森には、ドングリの木が沢山あります。そろそろ季節も良くなり、先生方も時間をつくって冒険の森に入ろうかな?と考えているみたい。でも、なかなか時間を作れずにいるので、少しでも冒険の森に近づければと、ドングリをまいておいたのです。

さぁ、お友達が着替えを済ませてお庭に出てきました。駆け回るお友達や、滑り台で遊ぶお友達。年少さんには鉄棒が人気で「前回りが出来るようになった!」とか、「豚の丸焼き!」なんてぶらーんて鉄棒にぶらさがって悦に浸っております。そしてもちろんこの落ち葉の量に「落ち葉遊び」を始めるお友達もおります。

砂場のバケツに落ち葉を沢山入れてみたり、フライパン一杯にいれてお料理をしたり。中には沢山集めてきて落ち葉の上に寝そべったりしています。そして落ち葉の影から顔を覗かせたドングリを見つけて「わ!ドングリだ!!」ってあちらこちらに落ちているドングリを拾い始めました。

年少さんの女の子は無言になってドングリを拾い集め、小さな手一杯にドングリを持っています。「タカシ先生もう持てないよ!」なんて声掛けに「スモックのポッケに入るんじゃない?」って返せば、慌ててドングリをポケット一杯に入れて再びドングリを拾い始めます。中には「どうしてこんなにドングリが落ちてるのかなぁ?」と桜の木を見上げる鋭いお友達もいましたが、タカシ先生はすかさず「昨日の大風で落ち葉と一緒にとんできたんじゃない?」なんて返すのでした。

11月の幼稚園には、落ち葉とドングリが沢山落ちていて、そしてジャンバーを着て来るお友達もちらほら見られ、秋真っ盛りな幼稚園です。