So-net無料ブログ作成

体育フェスティバル

先週の日曜日、真っ青な秋晴れの下、平成29年の体育フェスティバルが行われました。いやぁ、前日の未明には雨が降っちゃったりして、一体全体体育フェスティバルが出来るのだろうか・・・と肝を冷やしましたが、お手伝い頂いた保護者の皆様のおかげで前日準備も滞りなく終わり本番を迎えることができたのであります。

サンサンとお日様が輝く中村幼稚園日和で迎えた本番当日。保護者の皆様と一緒に登園してくるお友達は、心なしか鼻息が荒いようです。正門をくぐり、青空を背景にした万国旗を眺めながら前日設営したテントの中の自席へ駆けていく様子は「この日」しか見られない風景であります。あー晴れて良かった。

さて、体育フェスティバルはいかがでしたか?春の親子運動会では、保護者の皆様の手を離せなかった年少さん。入園して約半年経った年少さんは、保護者がいなくてもかけっこをし、競技をし、フォークダンスを踊って見せてくれました。またこの年少さんの表情のかわいいこと。この時代が1番かわゆすなので、保護者の皆様はカメラに収めるのが大変だったことでしょう。

年中さんは、体操教室がはじまりましたので、そのご披露もありました。身体を存分に動かす事は、子どもにとって簡単なようで難しいのです。決まったスポーツを経験させる事もいいのですが、幼児期には、自分の身体ってこんな風にも動くんだ!という「発見」が大切です。体育教室を通して、様々な身体の動きを経験してきたんですよ!

自慢の年長さんは出番が多くて大忙しだったでしょうか。保護者の皆様にとって1番の思い出の競技は何でしたか?鼓笛隊?リレー?組体操?甲乙付けがたい年長さんの競技は、きっと保護者の皆様と本人達の「記憶」にずーっととどまっていくことでしょう。

タカシ先生も体育フェスティバルを「ピストル係」という1等席で見ていましたが、あの子も、この子も、その子も、どの子も、みんな素晴らしい笑顔で参加していました。そしてその子を見守る保護者やご家族の皆様の笑顔があっての体育フェスティバルでした。ご家族それぞれの体育フェスティバル。みなさんまだ余韻に浸っていますか?

170926.jpg
体育フェスティバル開会式。まさしく中村幼稚園日和なのでありますっ!!