So-net無料ブログ作成
検索選択

平成29年度 第87回入園式

タイトルを書いていて「87回目の入園式なのかぁ〜」と、午後の春雨の中しみじみと珈琲を頂いているタカシ先生です、本日はおめでとうございます。

真新しい制服に〝着られている入園児〟のお友達と同じく、タカシ先生も、モーニングに着られて、さらにシルクハットをかぶり、準備万端お出迎えです。

さぁ、正門から続々と登園してきたお友達。んもぅ〜♡ちっちゃいのなんのって♡うちの子もこんなにちっちゃかったんだっけ?と、目をこすって見直すくらい小さなお友達が、お父さん、お母さんに手を引かれて登園してきました。正門前での記念撮影もそこそこに広い園庭に駈けていくお友達もいれば、ちょっと涙目のお友達。意気揚々と「ぉはよーざいまーっす!」って挨拶をしてくれるお友達もいれば、保護者の手を離せないお友達もおりますねー。そんな、かわゆすなお友達に、シルクハットをかぶり、モーニングを着た、黒づくめの上に、こんな厳ついおっさんが「ざーっす!!」なんて挨拶しておるんだもの、昨日書いた通りまさしく新入園児のお友達には「タカシ悪魔」に見えたに違いありません。

それでもね、体験入園の時にしっかり「この先生はタカシ先生ですよ。今日はこれだけ覚えて帰りなさい」なんて教えてもらったり、クラス発表の保護者会では「『タカシ先生は怖くないよって』って子どもに言っておいてくださいね!」という保護者の皆様へのお願いよよく聞いてくださっていた模様で、タカシ悪魔の顔をみて涙ぐむお友達はいませんでしたが、「この人、この前の人?」みたいな表情でタカシ先生の前を通り過ぎるお友達は、沢山いたのでありました。

さて、今日の入園式では、保護者の皆様と一緒に登園してきたので、なんら問題なく登園出来たと思いますが、明日からはお友達はお父さんお母さんとさよならしなければなりません。ここで大切なのは、保護者の皆様の引き際ですね。自分のお子さんを信じて、そして幼稚園の先生を信頼して「頑張っていってらっしゃーい!」って送り出してあげてくださいね。

以前、前の園長の美佐子園長が新年度のバスに乗車し、年少組の男の子が「いぎだぐなーーーーーい!」って、〝高価〟な園長先生の眼鏡を吹っ飛ばし、フレームを曲げた事件がありましたが、そんな男の子でも、幼稚園に来てしまえば良い子にしていますし、今では、そんな事件が笑い話になるくらい自慢の中学生に育っていますので、どんな姿でも元気に送り出し、元気にお迎えしてあげてくださいね。明日は、親の力の見せ所ですよ!