So-net無料ブログ作成

体育フェスティバル

去る日曜日に、体育フェスティバル(秋の大運動会)がパンパかパーンと開催されました。その前の週の1週間は、あめアメ雨の天気で「なんだかなーもー」って雨空を見上げる日が続いたのですが、その天気が嘘のように晴れ渡り、まさしく中村幼稚園日和なのであります。青空に万国旗が映え、その下でキラキラと子ども達の瞳が輝く体育フェスティバルに、保護者の皆様はもちろん、お客様も目を細めて観覧するのでありました。

本番の日を迎えタカシ先生が心配していたのは、たったひとつ。この雨でお庭で練習できなかったことです。雨が降っていなくても、園庭が濡れていてはお庭に出られませんね。学年でホールを割り振って練習をしてはいるものの、やはりお庭とホールは違うものです。案の定、年少かけっこでは、1人がショートカットして円周の中を横切りゴールしてしまいました。予想していたとは言え、やはりいつもの練習ができていないとこういうハプニングが起こるものです。かくして、タカシ審判長の判断により取り直し、もとい、やり直しの判断が下され、もう一度そのグループは走ることになったのです。ま、そのグループの保護者の皆様は2回も走るところが見られてラッキーでしたね。

さて、今年の体育フェスティバルも大盛況の内に終わりました。先に書いたとおり、年少さんの円周かけっこは愛らしく皆が拍手を送って下さいました。年中さんの障害物競走では、難なく障害物をクリアーしていく姿に、当該年齢の息子をもつ私でさえも目を奪われました。年長さんのリレーは圧巻でしたね。勝って歓喜、負けて涙のリレーは見ているこちらも熱くなります。

その他にも、お遊戯や競技が行われ観客の皆様は、皆一様に自分の子のみならず、中村幼稚園の子ども達に暖かな声援と大きな拍手を送ってくださいました。

そしてお客様が何よりも惹きつけられたのは「年長組鼓笛隊」ではないでしょうか。タカシ先生は、その様子をつぶさに観察しておりました。年長さんのその勇士は、太鼓だけでなく観覧されている皆様の心までも打っていたでしょう。その証拠に、鼓笛隊の最中会場は「シン」と静まりかえり、この一瞬を見逃すまいと皆さんが瞬きもせず園庭を見つめていたのです。中には、目頭が熱くなっている保護者の方も見受けられました。しかもその保護者は、年長さんの保護者ではないのです。

こうして、自分の子と中村幼稚園の子を分け隔て無く「感じてくれる保護者」に、タカシ先生は「中村幼稚園の保護者はレベルが高い」と、本気で思うのです。また、ここまで指導する教員陣も日本一だというのであります。

こうして大成功に終わった体育フェスティバル。タカシ先生と言えば、ピストルをバンバン鳴らし、ライン引きでイソイソ円周を書き、園長挨拶でモゾモゾととちり、競技中写真をパシャパシャと撮るだけなのでありました。皆さんの記録写真やmovieにタカシ先生のだらしないおしりが「どーん」と写っていたら、ごめんちゃいね。

160925.jpg
澄み渡る青空に万国旗。その下で輝く子ども達の瞳。まさしく、中村幼稚園日和なのでありますっ!