So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

募金活動

この度中村幼稚園では、9月上旬に発生したメキシコ大地震について募金活動を行います。
在園児には本日、募金活動の趣旨のお手紙を持たせましたので、何卒皆様方の温かな善意を寄せてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

また、卒園生など幼稚園に募金に来られない方は、相馬市内の下記の場所へ募金箱が設置されておりますので、ご協力下さいますようよろしくお願いいたします。

【メキシコ大地震募金箱設置場所】
(1)相馬市役所本庁舎1階 市民課カウンター
(2)図書館
(3)千客万来館(中央公民館)
(4)各地区公民館(東部、大野、飯豊、八幡、山上、日立木、磯部、玉野)
(5)伝承鎮魂祈念館
(6)総合福祉センター はまなす館
(7)保健センター
(8)愛育園
(9)老人憩いの家
(10)相馬光陽パークゴルフ場
(11)相馬光陽サッカー場
(12)松川浦パークゴルフ場
(13)公立相馬総合病院
(14)LVMH子どもアート・メゾン
(15)相馬商工会議所
(16)道の駅そうま

ドンドン

只今、今週の園長便りを書いていたのですが、記事にする本の中に「自然・五感・ことば」という章がありました。その章を要約すると、「戸外に出ると様々な言葉を引き出すチャンスがある。暑い。寒い。黒い。白い。ふわふわ。ざらざら等。『風が気持ちが良いなぁ』なんていうフレーズが、子どもの口から自然と出るようになったら、それは五感を言葉で表現する力がついてきた証拠。子どもが経験したことが言葉になり、いずれ親もビックリすることになるでしょう。」

この章を読んで、昨年の夏タカシ先生は親として4歳の息子にビックリさせられた事を思い出しました。

その日は、暑い日でした。夕方近くになっても気温は下がらずお日様はギラギラと私と息子を照らしています。2人で知り合いのお宅にお出かけしたのですが、到着してもあまりの暑さに息子は車から降りようとはしませんでした。ちょっとしたお届け物でしたので、息子をクーラーの効いた車に残し届け物を済ますと、知り合いは律儀にも玄関を出て私達を見送ってくれたのです。

そんなご丁寧なお見送りに、息子を車の中から挨拶させるなんて失礼なことは出来ません。私は息子に車から降りて挨拶するように促しました。すると息子は空を見上げてこう言ったのです。

「お父さん、今日は太陽がドンドンと暑いから出たくないんだよ。」と。

すかさず空を見上げると、太陽が西に傾きはじめ真オレンジ色をして、私達の周りを熱気で包んでいました。確かにその西に傾き始めた真オレンジの太陽は大きく、タカシ親父が感じた「ジリジリ」というよりは「ドンドン」という風に見えます。

「我が息子ながら、良い表現をするなぁ。」と関心しつつも、車のドアをあけ「ドンドンと暑いお日様の下で挨拶をしなさい。」と言ったのですが、息子はガンとして車から降りようとはせず、タカシ親父は知り合いに「申し訳ない」と頭を下げて、ドンドンと2人を照らすお日様と、知人にお見送りされ帰途につくのでありました。

息子が五感に優れているなんて全く思いもしませんが、ふとした時の子どもの表情や表現に、皆さんもビックリした経験ありませんか?

体育フェスティバル

先週の日曜日、真っ青な秋晴れの下、平成29年の体育フェスティバルが行われました。いやぁ、前日の未明には雨が降っちゃったりして、一体全体体育フェスティバルが出来るのだろうか・・・と肝を冷やしましたが、お手伝い頂いた保護者の皆様のおかげで前日準備も滞りなく終わり本番を迎えることができたのであります。

サンサンとお日様が輝く中村幼稚園日和で迎えた本番当日。保護者の皆様と一緒に登園してくるお友達は、心なしか鼻息が荒いようです。正門をくぐり、青空を背景にした万国旗を眺めながら前日設営したテントの中の自席へ駆けていく様子は「この日」しか見られない風景であります。あー晴れて良かった。

さて、体育フェスティバルはいかがでしたか?春の親子運動会では、保護者の皆様の手を離せなかった年少さん。入園して約半年経った年少さんは、保護者がいなくてもかけっこをし、競技をし、フォークダンスを踊って見せてくれました。またこの年少さんの表情のかわいいこと。この時代が1番かわゆすなので、保護者の皆様はカメラに収めるのが大変だったことでしょう。

年中さんは、体操教室がはじまりましたので、そのご披露もありました。身体を存分に動かす事は、子どもにとって簡単なようで難しいのです。決まったスポーツを経験させる事もいいのですが、幼児期には、自分の身体ってこんな風にも動くんだ!という「発見」が大切です。体育教室を通して、様々な身体の動きを経験してきたんですよ!

自慢の年長さんは出番が多くて大忙しだったでしょうか。保護者の皆様にとって1番の思い出の競技は何でしたか?鼓笛隊?リレー?組体操?甲乙付けがたい年長さんの競技は、きっと保護者の皆様と本人達の「記憶」にずーっととどまっていくことでしょう。

タカシ先生も体育フェスティバルを「ピストル係」という1等席で見ていましたが、あの子も、この子も、その子も、どの子も、みんな素晴らしい笑顔で参加していました。そしてその子を見守る保護者やご家族の皆様の笑顔があっての体育フェスティバルでした。ご家族それぞれの体育フェスティバル。みなさんまだ余韻に浸っていますか?

170926.jpg
体育フェスティバル開会式。まさしく中村幼稚園日和なのでありますっ!!

Jアラート

本日朝7時過ぎにJアラートによる警報がありましたが、7時6分頃日本上空を通過した模様ですので、幼稚園は通常通りに開園、バス運行いたします。

9/2の自由欠席日について

 取り急ぎご連絡いたします。
 台風15号が明日午前相馬市に最も接近します。相馬市は、強風域の予報円にはかからない予報になっていますが、今晩未明から風雨が強まり、明日は、1時間に25mm の強い雨に見舞われる場所もあるようです。

 つきましては、明日9月2日(土)の自由欠席日は、休園といたしますのでご了承ください。

 尚、小学生クラブも同時開催の予定でしたが、同様に中止いたします。弟妹が在園されていない小学生のお友達へも周知頂きますようご協力ください。空のペットボトルは、次回10月14日(土)の自由欠席日に使用します。

エッセイ

今朝の緊急速報には、ビックリしつつも「何をどうしたらよいのだ?」と寝ぼけ眼でオロオロしていたタカシ先生です。そのうち登園する時間になり、「通常だよな、通常・・・・」と異常事態なのに通常通り登園をし、朝の挨拶をして子ども達を迎え、プールの準備をした後年長組の鼓笛隊の練習に拍手を送り、子ども達をプールに入れ、お弁当を食べて、帰りの門番に立ち。あまりにも暑いので先生方にアイスをごちそうし、ちょっと事務的なお仕事をして、ブログを書いているのです。

さて、皆さん「あゆみ」を担任に戻したと思いますが、その「あゆみ」がタカシ先生の所にやってきました。ご家庭からの欄を職域上全て目を通させていただいております。こんな事を書くと「ぐえぇ!!タカシ先生も読むんですかぁ?!!先に言ってくださいよぅ(泣)」なんてご家庭もあるかとは思いますが、まぁまぁ、そこはあまり気になさらずに。

タカシ先生がここ数年良く本を読むようになったのは皆さんご存じの通りです。読書嫌いのタカシ少年が、よくもまぁこんなに本を読むようになったものだと、亡くなった母が見たらびっくりすることでしょう。ちなみに今年の夏休みも2冊読んだので、夏休みの宿題で読書感想文が出ても全然平気です。

そんなわけで活字には大分慣れてきたのでありますが、タカシ先生の場合本を読むということは、ぱらぱらとめくった所の1行でその本に入り込めるか否かが決まってしまいます。読んでいて途方もなく時間が長く感じる本もあれば、あっという間に時が過ぎる本もあるのです。

絵本で言えば「どんぐりむらシリーズ」は、タカシ先生にとってはとてつもなく長い絵本です。絵はかわいいんですけど。ですから息子が「よんでくれ」と持ってくると一瞬「マジか・・・」と思ってしまうのですが、そこはストーリーが壊れないようにそしてばれないように「はしょって」読んであげております。一転入り込める絵本というのもあります。参観などでも話した事がありますが、かこさとし著の絵本や、お猿のジョージなんかはすんなり世界に入ることが出来ます。

本や絵本には、個人の趣味や捉え方。見方、考え方がありますので、「これがいい!」と言うことはないのですが、タカシ先生はこんな感じなのです。

そんなタカシ先生が、あっという間に読んでしまったもの。それが、「あゆみ」に書かれた保護者の皆様からの欄です。良く整理され、その場面が目に浮かぶように書かれたご家庭での子どもの姿には、タカシ先生感動すら覚えてしまいます。ご家庭での様子や、夏休みの思い出。子どもの生活や性格。各ご家庭、子ども1人1人を見つめて書かれたご家庭の欄は、品の良いエッセイのようです。タカシ先生は、担任から渡された「あゆみ」をむさぼるように読み、幼稚園の対局にあるご家庭での子どもの姿をまじまじと「見た」のであります。「見えた」のであります。そして、全園児分あっという間に読み終えました。

あゆみというものは、他人に見せるようなものではありませんが、自分の子をあのように見つめ、あゆみの中に成長の記録として残していける中村幼稚園の保護者の皆様の「質」というものは、やはり尋常じゃなく高いのだと再確認し、改めて保護者の皆様に感服したのであります。

活字を読んで満たされるというのは、こういうことを言うんだろうなぁ・・・。

本日の登園について

ミサイル発射の報道がありましたが、本日は、通常開園しています。
バスも通常通り幼稚園を出発します。

2学期

2学期が始まりました。今年の夏休みは、ほぼ9割が雨模様で相馬にいらした方は何とも夏らしくない夏休みだったのではないでしょうか。日照時間も短くて、真っ黒に日焼けした子どもが例年より少ないのですが、その中でも少し焼けているお友達も見受けられ、どこかにお出かけしたのかな?と思ってしまいます。

今朝行われた始業式でも、「○○へ行った」「△△であそんだ」など、天気には左右されたものの思い思いの夏休みを過ごしていたようで、良い思い出になったみたいですよ。そして、子ども達をまじまじと見てみると、少し大きくなったようです。年少さんなんか幼さがすっかり抜けてきたように見受けられますし、年長さんは足が長くなったみたい。年中さんもどこかしら自信がついたように思います。お手伝いを沢山したのかしら?

長い夏休みで保護者の皆様方は「あ〜早く幼稚園始まってくれないかな〜(-_-)」なんて心底思っていたと思いますが、ご家庭で過ごした夏休みの期間、子ども達は心身共にリラックスし確実に成長していますね。もしかして、リラックスしすぎて筋肉が伸び伸びになっちゃって身長が伸びたのかしら?

2学期の始業式の登園について

長い夏休みが終わり、明日から楽しい2学期がはじまるところです、が・・・・
下記の通り明日の天気には注意が必要です。

特に降園時間と重なるかも知れませんので、各ご家庭注意してください。
170825.jpg

プール×3

今週に入って、暑い日が続いています。皆さん溶けていませんか?タカシ先生は、脳みそが蒸発してしまいそうで、これではまずい、と本日事務所とすみれ組の間にミストシャワーを取り付けました、が全く効果が感じられません。ガクッ。

さて、この3日間は、プール日和であありました。毎朝毎朝「タカシ先生今日プールは?!」「たかちてんてー、プーリュ入れる〜?」なんてかわゆいお友達が聞いて行くのであります。その都度「ん〜、先生に聞いてみないと解らないなぁ〜」なんてはぐらかせているのですが、あるお友達ときたら「タカシ先生だって先生じゃん!!」なんて鼻の穴を押っ広げて言うモンですから、これ以上ごまかした上にこプールに入られなかったら、子ども達に「何の為にプールがあるのさ〜」と怒られちゃいます。

というわけでもないのですが、プール三昧な幼稚園でございます。火照った身体に冷たいシャワーを「シャー」っとかけ、みんなでプールに入ってみると、汗ばんだ身体もスッキリ。ついでに心も洗われたかのような表情に成って歓喜の声が上がります。それに付け加え、広いプールにはおもちゃが沢山。バケツやら水鉄砲やら、アヒルのガーさんなんて50匹もいたりして、子ども達は水遊びを満喫しているのであります。あまりの開放感に、狂喜乱舞する子ども達は、バケツやらひしゃくやら、水鉄砲で「日頃の恨み・・・」と言わんばかりに担任めがけて水攻めをしておるので、子ども達を見守っている担任一同びしゃびしゃのびしゃになって「トホホ・・・」と水もしたたる良い担任になっておるのであります。

タカシ先生はって?タカシ先生はカッパと友達という事を悟っているお友達。さすがにタカシ先生に水を掛けてカッパに変身されちゃぁせっかくのプール遊びも楽しくないでしょう?ということで、タカシ先生に水を浴びせる不届き者はいないのであります。

170712.jpg
プール遊びは楽しいなぁ。
前の10件 | -